化粧品 の 広告 で、 安全 ・ 安心 をうたってはいけません

こんばんは、 薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。

今回は 化粧品 の 広告 表現 における注意点について見ていきます。

以前お伝えしたとおり、 化粧品 の 広告 で用いられる表現は限られています。使用できる表現についても、細かな規定があるので、今日はその辺りを見ていきます(*´꒳`*)

あまりの細かさに、逃げ出したくなりそ・・・ (´・ω・`)
おおぉっと。

それでは 化粧品 の 広告 表現の注意点を見ていきます。

 

 化粧品 表現 の注意点① 〜 効能効果範囲表 の原則〜

 

★例えば、「補い保つ」は「補う」あるいは「保つ」の効能でも可

範囲表に載っている表現の「言い換え」ならばOK・・・ (*´꒳`*)

 

★「乾燥による小ジワを目立たなくする」という表現は、適切な試験で効果が確認された商品しか表示できない

この表現を使用するときには、確認された試験があるかをチェックする必要がありますね。

また、「小ジワを解消する」「小ジワを予防する」は不可です。表現は効能効果表に従わなくてはいけないですね(*´꒳`*)

 

 化粧品 表現 の注意点② 〜適正広告基準の注意点〜

 

★製造方法のほめ過ぎは禁止

例えば、「最高の技術」「最も進歩した製造方法」「理想的な製造方法」「家伝の秘法により作られた…」などの最大級の表現、もしくはそれに類する表現はNG

研究や製造については、誇張せずに事実を正確に表現するよう求められています。

 

★効能・安全性を保証する表現は禁止

例えば、「安心・安全です」「自信を持っておすすめします」などは禁止
「これさえあれば」「安全性は確認済み」「赤ちゃんにも安心」などの効能・安全性を暗示させるような表現もNG

つまり、安全であると提示して、それが保証されていることを示すことがNGなのです。それが直接的な表現ではなく、暗に提示した表現もNGになるので注意ですね。

 

まとめ

 

効能についてその表現を用いる時には、原則的に効能表のまま用いる必要がありますね。。。 (・・;)

参考資料にある 適正広告ガイドライン を見ると、まだまだ NG表現 がたくさんあります。。。!!!少しずつまとめていこうかしら。いつかNG表現を集めたいです・・(*´꒳`*)!!

 

参考:日本化粧品工業連合会「化粧品等の適正広告ガイドライン2012年版」

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。