化粧品広告のNG表現〜他社製品の誹謗中傷は禁止

こんばんは、 薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。
 

引き続き、 化粧品 の 広告 表現 について学んでいきます (*^^*)

 

 薬機法 に関する 化粧品 の 広告 表現 について今回までの 記事 を振り返ってみると、9つもありました。だんだん知識が増えていっているようで嬉しいですっ (*^^*)!

 

今回は、前回に引き続き、 化粧品 の 適正広告基準 の 注意点 です!

 

他社製品 の 誹謗中傷 は禁止

 

例1)
◯◯に使われる コラーゲン は、今までのコラーゲンとは違います 

 

 
上記は NG表現 です。なぜだかわかりますでしょうか・・・ (。・ω・。)?
一見すると、他社とは何も関係が無さそうに見えますけど…。

 

実は、「今までのコラーゲン」という表現が既存の製品(他社製品を含む)と比較していることになり、他社を批判することになるのです。
なのでNG!!!

 

「今までの」ではなく、「当社従来品」と比較するならOKです。気をつけましょう (*^^*)

 

例2)
肌トラブルの原因となる△△フリー!

 

こちらの例も NG表現 です。さて、なぜだかわかりますか?有益な情報なだけに載せたい表現ですよね・・・(。・ω・。)

 

 なぜNGなのかと言いますと、△△配合の他社製品を比較することになるからです。
う〜ん、これも「他社比較」とみなされるのですね…。難しい。。。(。-∀-)

 

こちらは、「△△フリー」ならばOKです。 NG表現 と合わせて OK表現 も覚えておきましょう。

 

まとめ

 

他社製品のことを直接触れていなくても、暗に比較していることになる表現についてはNGとみなされるのですね。要注意です。

 

今回で 薬機法 に関する化粧品表現は10記事となりましたーーー *\(^o^)/*

 

10記事を振り返りつつまとめられたらいいな・・・

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。