便秘解消 健康食品 の 薬機法 ( 薬事法 )OK表現 事例【LINE@-薬事021】

便秘対策食品の薬機法OK表現事例

(2016/10/25配信分)

こんばんは、B&H Promoter’sの江良公宏です。

最近はB&H Promoter’sらしく、予防医療に関するコトを着々と進めています。

実は薬機法ライティングはあくまでB&Hの一環という位置づけだったりします。

予防医療については多くの方が興味を示してくださっていて嬉しい限りです(^o^)

さて、今日は火曜日と言うことで薬機法ライティングの日ですね。

今日は新聞広告の解説を少しやろうかなと思います。

というのも、たまたま画像を整理してきたら過去にやろうと思ってやっていなかったモノが出てきたので(^_^;)

便秘対策商品の新聞広告における 薬機法 ( 薬事法 )での表現ポイント

便秘対策商品の 薬機法 表現例

紹介するのは便秘対策の商品です。

そもそもの前提として、健康食品では「○○に効く」といった効能効果は表現できません。

ポイントを見ていくとこんな感じです。

・ドドっと大ヒット中!
⇒「ドドっと」という部分で便がドドっと出るイメージを持たせる

・毎朝スッキリしてますか?
⇒便秘系の定番ネタです。「スッキリ」という状態で便が出ることを連想させますが、スッキリは気分がスッキリの意味などでもとれるのでOKです。

・ポッコリがスッキリ!
⇒これも便が出てスッキリしているイメージを起こさせる目的ですね。

・フコイダン
⇒効果を書けないので、ここは「食物繊維=便秘にいい」というイメージを利用しています。

・毎朝スッキリ、スル~
⇒スッキリは先ほど書いたとおりですが、「スル~」ってのも上手いですよね。スルスル便が出るイメージを惹起させます。

・快朝○○
⇒便秘系ではこれもある種の定番ですね。「快チョー」とかも。音だけ聞くと「快腸○○」にもとれるのがポイントです。

・毎朝自然にスルスル~!!
⇒これも「スル~」と同じですね。

と、このぐらいの大きさの広告でもこれだけのポイントが詰まっていたりします。

今後は・・・

この手の内容(他社の広告事例を使う)はWebだとちょっとやりづらい部分もあるので、基本はLINEだけで配信するです。

ご興味ある方はぜひLINEにご登録くださいませ。

好評なようであれば、今後も続けようと思います(^_-)

ではでは、また次回!

便秘対策食品の薬機法OK表現事例

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表/薬事法 に強い薬剤師コピーライター  東京理科大学大学院卒 薬学修士。大学院卒業後、大手製薬メーカーにて研究職として新薬開発に4年間従事。独立後は薬事法広告のセミナー講師、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりセールスコピーライターの活動を行う。「薬剤師の知識」、「セールスコピーライティングの知識」、「薬事法(薬機法)の知識(薬事法管理者・コスメ薬事法管理者)」の3つを組み合わせた『魅せる薬機法ライティング』を強みとしたランディングページ制作・コンテンツ制作を得意としている。一部上場企業を含むクライアント様からは「1ヶ月で成約率が10倍以上になった」「2ヶ月で9,000万円以上の売上に繋がった」「内容が専門的であるのにとてもわかりやすかった」など喜びの声を多数頂いている。