健康食品 で 医師の推薦 は 薬機法 的にOKなのか?

健康食品の広告で医者の推薦はOK?


こんにちは、B&H Promoter’s代表 薬機法専門コピーライター・コンサルタントの江良公宏です。

今日お伝えするのは、「医者の推薦は 薬機法 的にOKなのか?」についてです。

先日「お客様の声はそのまま使って良いのですか?」についてお伝えしましたが、それと同じぐらい良く聞かれるのがこの質問です。

「医師(医薬関係者)の権威性」は非常に強い訴求ポイントとなるのでぜひ活用したいところですよね。

医薬関係者の推薦を考えるときには、まずは 健康食品・化粧品のどちらなのかを考える必要があります。

薬事を学んでいる方でも結構混同されるケースが多いので、しっかり把握しておきたいポイントです。

では、本日は 健康食品 の場合、医薬関係者の推薦は 薬機法 ・ 健康増進法 として問題はないのか?についてポイントを解説します。

【 薬機法コピーライティング の秘訣、
お伝えします!】
→LINE ID『@892copy』
※公式アカウントから検索して追加!
もしくは下より登録を!

薬機法コピーライティングLINE 登録用QR

健康食品の広告で医者の推薦はOK?

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表/薬事法 に強い薬剤師コピーライター・コンサルタント  東京理科大学大学院卒 薬学修士。大学院卒業後、大手製薬メーカーにて研究職として新薬開発に4年間従事。独立後は薬事法広告のセミナー講師、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりセールスコピーライターの活動を行う。「薬剤師の知識」、「セールスコピーライティングの知識」、「薬事法(薬機法)の知識(薬事法管理者・コスメ薬事法管理者)」の3つを組み合わせた、独自開発の『魅せる薬機法ライティング』を強みとしたランディングページ制作・コンテンツ制作を得意としている。一部上場企業を含むクライアント様からは「1ヶ月で成約率が50倍以上になった」「2ヶ月で9,000万円以上の売上に繋がった」「内容が専門的であるのにとてもわかりやすかった」など喜びの声を多数頂いている。