化粧品広告でNG表現を用いず ” 魅せる ”表現とは?

こんにちは、 薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。

今日も 化粧品 の 浸透について、 OK 、 NG 表現 の違いを学びます!!

 

夏の冷房も、冬場の乾燥もお肌は カサカサ  になりがち・・・

お肌の乾燥が気になるからこそ、 化粧品 に潤い効果があると嬉しいですよね。。。(*´꒳`*)

 

化粧品のお肌への浸透力がか多くのニーズがあるからこそ、化粧品の浸透効果をしっかり表現していきたいものですね・・・

 

それでは、肌の浸透表現について見ていきましょう。

 

 

肌への浸透表現 〜肌〜

 

前回学んだように、肌への浸透は「角質層まで」とされています。もしそれ以上浸透すると表現してしまったらNG!文言ではなく、画像においても適用となりますので要注意です!

 

✖ 肌への浸透

◯ 肌への浸透※ ※角質層まで

 

浸透は「角質層まで」と決められているので、それを入れていないと違反となります。

 

その他にも

✖ 肌の奥深くへ

✖ 角質層の奥へ

◯ 角質層のすみずみへ浸透 など

 

✖ 肌の内側(角質層)から

→ 体の内部の変化を表現できるのは医薬品だけ。それ以外(化粧品など)は不可

 

このように、浸透効果でお客さんが「これが欲しい」と思ってもらえればよいのですが、表現に限界があるので、他製品との差別化が難しいのが現状です。他の部分で差別化やメリットを見つけていきましょう

 

 

肌への浸透表現② 〜髪〜

 

✖ 傷んだ髪へ浸透して修復

→ ◯ 髪の内部へ浸透して補修

 

髪の場合、修復という表現は体に変化を与える表現とされ、NGとなります。

「補修」という表現ならばOKです。

 

 

まとめ

 

肌も髪も共通して言える浸透表現は、「体の変化」につながる表現をしていないか。

言葉のほんのわずかな違いであることもあります。

しっかりと確認して記載しましょう。。。(*´꒳`*)

 

 

 

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。