ありがたいことにご依頼が増えてきています(*´꒳`*)

おかげさまで、
「薬機法のコピーライティングについて話を聞きたい」というご依頼が増えてきました。

最近の課題は
「薬機法(薬事法)とコピーライティング、薬剤師の知識が、相手のどんな課題を解決できるのか」

一緒に取り組む代表の江良さんは、薬機法やコピーライティングに精通しているだけでなく、相手が置かれている状況や心情を理解する力に長けている方なんです。

会話をしているだけで、学びが本当にたくさん!

そんな仲間とともに取り組めるので、打合せも楽しみです… (*´꒳`*)

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。