健康食品の広告で「糖の吸収を抑える」はどう薬機法OKな表現に言い換える?

d7f5000dfb2839d45def28d64dfa5822

薬機法 (薬事法)・景品表示法・医療法 専門コピーライター・コンサルタントの江良公宏です。

やはり・・・「言い換え」できるのが差別化のカギ!

 

本日は、

  • クリスマス企画の個別相談
  • 大手広告代理店さんとの打ち合わせ
  • 顧問契約先のサプリメーカーとの打ち合わせ

とミーティング続きな1日でした。

この3つの打ち合わせ、一見全然別々のように見えるのですが、実は共通点があります。

それが・・・

『言い換え』

の話です。

やはり、「訴求力のある言い換えをする」というのはライターさん向けにも、広告代理店・メーカー向けにも非常にニーズがありますね。

ライターMさん向け個別相談の一コマ

※Mさん専用企画書より

Mさんから頂いた個別相談の嬉しい感想はまた後日お伝えするとして・・・

エラ
ライターに求められているのは、「訴求力のある言い換えがデキる人」です

Mさん
「そうですよねぇ・・・」

大手広告代理店さんとの社内研修向け打ち合わせの一コマ

広告代理店Aさん
「前回は法務向けだったので専門性高かったけど、今回は営業さん向けなので基本からやって欲しいんです。」

エラ
なるほど。言い換え表現とかもやりますか?

(資料をスッ)

Aさん
「あー、これいいですねぇ。こういうのが欲しいんですよ。言い換え表現もやりましょう!」

エラ
わかりましたー(^^)

こんな感じで話はトントンと進み、2月初旬に社内研修を行うことに。

やはり大手といえども薬機法の言い換えには苦労されているようです。

これからいろいろと深く関わっていけるので先が非常に楽しみです(^^)
というかいっぱいお役立ちできるので楽しみでしかありません!!!!!!!!!!

サプリメーカーさんとの一コマ

サプリメーカーBさん
「うちとしては翻訳・コピーライティング・薬事対応と一貫してお願いしたいんですよね。バラバラにお願いすると大変なので」

エラ
そうですよね、頼む側からすると全部別々でとなると大変ですよね・・・

Bさん
「そうなんですよ。それと、やはり単に薬事チェックしてもらうだけだと訴求力のある言い換えじゃなくなってしまうのが嫌なんですよね。」

エラ
確かに・・・うちにも「売れなくなってしまったんです、助けてください」的なご相談はよく頂きます(^^;)

やはり、「言い換え」はキーポイントですね!

今日のLINEは「糖の吸収を抑える」の言い換えについて

と、前置きが長くなってしまいましたが・・・

昨日、LINEでは「糖の吸収を抑える」という表現はいわゆる健康食品では薬機法NGというお話をしました。

本日は、

「糖の吸収を抑える」をどう言い返していけばいいのか?

について、代表的なパターンを1つお伝えします。

 

くどいようですが・・・

『言い換え表現を制する者が薬事を制する!』

と言っても過言ではないと思っています。

毎日コツコツ言い換え表現をストックしていくだけでもかなりの差になるので、ぜひ押さえておいてくださいませ!

本日21時にLINE配信です。

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表/薬事法 に強い薬剤師コピーライター・コンサルタント  東京理科大学大学院卒 薬学修士。大学院卒業後、大手製薬メーカーにて研究職として新薬開発に4年間従事。独立後は薬事法広告のセミナー講師、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりセールスコピーライターの活動を行う。「薬剤師の知識」、「セールスコピーライティングの知識」、「薬事法(薬機法)の知識(薬事法管理者・コスメ薬事法管理者)」の3つを組み合わせた、独自開発の『魅せる薬機法ライティング』を強みとしたランディングページ制作・コンテンツ制作を得意としている。一部上場企業を含むクライアント様からは「1ヶ月で成約率が50倍以上になった」「2ヶ月で9,000万円以上の売上に繋がった」「内容が専門的であるのにとてもわかりやすかった」など喜びの声を多数頂いている。