化粧品で『アトピー肌にも使える』は薬機法OK?NG?

2960402a29fb2339d745b310ff3733c5

薬機法 (薬事法)・景品表示法・医療法 専門コピーライター・コンサルタントの江良公宏です。

店頭POPも薬機法・景品表示法に気をつける必要があります!

先日、クライアントさまからの依頼で店頭POPの制作を行っていました。

よくさまざまな企業さまから相談を受けていると、

「店頭は薬機法気にしなくても大丈夫ですか?」

といった質問を一定の割合で頂きます。

なんですが・・・

店頭POPも(当たり前ですが)薬機法・景品表示法に気をつける必要があります。

 

実際、ドラッグストアの店頭POPで健康食品で「脂肪が燃える」などと書いていたものが景品表示法の措置命令を受けた事例もあります。(薬機法的にもアウトな内容ですね)

というわけで、店頭POPも気をつけましょう!

 

あとは販促物をチェックしていて感じるのは、

「メーカー・企業が言いたいことではなく、○○○が望んでいること」

を書くというのがPOPの鉄則ですね!

これについてはまた別の機会にお伝えします。

化粧品の広告で『アトピー肌にも使える』は薬機法OK?NG?

「○○肌」というのは化粧品ではよく使われる表現ですが、本日取り上げるのは「アトピー肌」です。

化粧品の効能効果として『アトピーが治る』と書けないのはもちろんですが、「アトピー肌」だけだと治るとは言っていないしどうなんだろうと思う方も多いのではないでしょうか。

 

そういえば別件ですが、時々クライアントさんから

『なんで事実なのに治ることが書けないの?』

と言われることがあります。

事実であっても書けることと書けないことがあるというのが薬機法のもどかしいところですよね。

だからこそ、消費者に誤認を与えずに、だけどクライアントさんの言いたいことを形にしていくというシゴトが必要とされているのだなと思っています。

 

詳細は本日21時にLINE配信します。

無料!1日3分”観て学ぶ”『薬機法・景品表示法コピーライティング』
大きく売上をUPしたいコピーライター・広告代理店・アフィリエイターが毎日視聴中!
→LINE ID『@892copy』

薬機法コピーライティングLINE 登録用QR

2960402a29fb2339d745b310ff3733c5

無料!1日3分”観て学ぶ”『薬機法・景品表示法コピーライティング』

大きく売上をUPしたいコピーライター・広告代理店・アフィリエイターが毎日視聴中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表/薬事法 に強い薬剤師コピーライター・コンサルタント  東京理科大学大学院卒 薬学修士。大学院卒業後、大手製薬メーカーにて研究職として新薬開発に4年間従事。独立後は薬事法広告のセミナー講師、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりセールスコピーライターの活動を行う。「薬剤師の知識」、「セールスコピーライティングの知識」、「薬事法(薬機法)の知識(薬事法管理者・コスメ薬事法管理者)」の3つを組み合わせた、独自開発の『魅せる薬機法ライティング』を強みとしたランディングページ制作・コンテンツ制作を得意としている。一部上場企業を含むクライアント様からは「1ヶ月で成約率が50倍以上になった」「2ヶ月で9,000万円以上の売上に繋がった」「内容が専門的であるのにとてもわかりやすかった」など喜びの声を多数頂いている。