化粧品開発展 に参加/何百もの商品で目を引くものの共通点とは!?

こんにちは、薬機法 専門 薬剤師 コピーライター・コンサルタントの田中 由那子です*ˊᵕˋ*

 

先日、幕張メッセで開催された 化粧品開発展 に行ってきました!

美容商品や化粧品に関する最新のトレンドをつかむために、こういった展示会への参加は欠かせないなといつも感じます*ˊᵕˋ*!

今回の展示会では、「 聞いたことがない成分 」「 日本未入荷の商品 」がいくつもありました!!

 

限られた時間で何百社もある中から、足を止めてまで話を聞ける商品はごくわずかです!!ですから、パッと見ただけで商品の魅了が伝わる展示になっているかってとても大事だなと感じます。

 

それは展示会でなくても同じこと。

人の目を引かない商品は売れません!!

 

では、人の目を引くのはどんな商品かというと、その鍵となるのが『商品のコンセプト』

 

コンセプトをどう設定するかで売り上げが決まるとも過言ではありません。逆に、商品を作りたいように作ってしまうとお客さんにはあまり響かないんですよね。

 

今回の展示会の中で、一際目を引き、コンセプトも素晴らしいなと思った商品は、地球上で唯一皮膚病がないと言われる動物の” ミンク ”から取れる『 ミンクオイル 』を使った美容液。

ミンクオイルの商品は、日本初上陸なんだそうです!こんな商品があると目を引きますね*ˊᵕˋ*✨

 

皆さんも新しい商品やサービスをお作りになる際は、ぜひコンセプトをじっくりと練り上げてくださいね*ˊᵕˋ*!!!

 

さて、今日は代表の江良さんとミーティングの日です。

そのミーティングで、これまで東京でしかお伝えしていなかった薬機法コピーの秘訣を全国の皆さんにお伝えすることが決まりました!!!!

詳しいご案内は【今週中】にご連絡できるよう準備中です!ワクワク・・・*ˊᵕˋ*

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。