【体験会での相談】専門知識を身につけたのに、結果に繋がらない

こんにちは!

B&Hライター養成講座 講師の中道麻智子です。

先日、事例検討会の無料相談にきてくださった方とのディスカッションをシェアさせていただきます。

 

※名前などは架空ですが、ディスカッションの内容は事実です。

 

「自己投資をして、知識を身につけたのに結果に繋がらなかった」とおっしゃっていた加奈子さん。

 

理想の働き方や収入に近づくために自己投資をしてノウハウや知識を学ぶ方は多くいらっしゃいますが、結果に繋がらない人も多い。

今回は、専門知識を身につけただけでは結果に繋がらない理由をお伝えします。

 

 

「知っている」だけではなく、売り上げに貢献できている?

 

収入アップのためにまずは資格を取る、講座を受講してい知識を身につける道を選ぶ方は多いです。

もちろん知識やスキルは必要で、身につけることで専門性を高めることができます。

「餅は餅屋に」という言葉があるように、専門性があった方が選ばれやすいですし、収入も上がりやすいのは事実です。

 

加奈子さんも、何かスキルをみにつけなければ!という形で自己投資をしたそうです。

 

ですが、知識やスキルは「知っているだけ」「身につけただけ」では理想の収入や働き方に近づくことは難しい。

なぜかというと、知識やスキルは実践し、クライアントさんの売上に貢献してこそ価値があるからです。

 

知識やスキルを活かしてクライアントさんの悩みを解決し、売り上げに貢献することが重要なのですが、「知っているだけ」「身につけただけ」で終わっていると前には進めないのです。

 

加奈子さんは、自己投資をしたのにノウハウをインプットしただけになっていることに焦りを感じていました。

 

知識を活かす「実践の場」を設けているか?

 

本やYouTubeなどでもノウハウはたくさん学べますが、結果が出ない人が多いのは圧倒的に「アウトプット不足」や「知られる機会を作っていない」からです。

 

ライティングに関しても、いくらライティングのテクニックを本などで学んだとしても書いてみなければライティングスキルは上達しません。

テクニックだけ知っていて、実際に書くと書けないという方も多くいらっしゃいます。

 

知識やスキルは実践してこそ身になり、クライアントさんのお悩みを解決できる手段として使えるようになります。

 

大抵実践すると始めは失敗するのですが、失敗から学ぶことは多い。

この失敗を恐れてアウトプットしない人が多く、本当にもったいないと思います。

 

ライティングであればクラウドで仕事を獲ってみる、題材を元に書いてみるなど実践することが重要です。

 

加奈子さんも話を聞いていると、実践が圧倒的に足りていませんでした。

 

・どうやって仕事を獲ったらいいの?

・実際の仕事ってどのように進めるの?

・集客ってどうやったらいいの?

これだけ疑問を抱えていては、なかなか前に進めないですよね。インプットのみしてしまうと、このような状況に陥ってしまうのです。

 

 

自己投資をするのであれば、サポート体制を確認する

 

加奈子さんには、今まで知識やスキルをインプットすることに加えアウトプットすることの重要性をお伝えしました。

収入アップのために自己投資をして学ぶ方も多いと思いますが、知識やスキルをインプットするだけの講座を受けても理想の収入や働き方を実現することが難しいことが分かると思います。

 

今は情報はたくさん無料で世の中に出ているので、自己投資で重視すべきは「サポート体制」です。

自己投資をする価値は、既に活躍している方の経験や知恵を学べたり、実践によってスキルアップする場を活用することで成長速度を上げることができること。

 

自分だけで学んだ知識やスキルをしっかり実践して結果に繋がることができる人は少ないので、サポート体制にお金を払って結果に繋げることが重要です。

 

B&Hライター養成講座では、ノウハウの提供はもちろん、相談の場やオンライントレーニングといったセールスライティングを実践する場を多く設けています。

 

加奈子さんも、講座の内容をきいて「今までの講座とサポート体制が違います!」とおっしゃっていました。

 

薬機法ができることが本質ではない

 

「薬機法の知識を学んだのですが、仕事の幅が広がっていないんです」

こういった相談をいただくケースもあります。

 

実は、ライターとして収入アップをするために重要なのは「薬機法を理解していること」ではありません。

薬機法を理解しているだけだと「薬機法に抵触しそうな表現は省く」という程度にとどまってしまうため、クライアントさんの悩みである「薬機法を意識すると商品の魅力が伝わりづらくなり、売り上げが下がる」という悩みを解決することは難しい。

薬機法ができることが本質ではないので、ライターはこの点に注意する必要があります。

 

重要なのは、セールスライティングやマーケティング

 

クライアントさんの売上に貢献するためには、薬機法を理解していることに加えて「セールスライティング」や「マーケティング」のスキルが必要です。

 

薬機法がベースではなく、セールスライティングやマーケティングがあってこそ薬機法の知識は役立ちます。

いくら薬機法を知っていても、人の心を動かせる文章が書けなければ商品の魅力は伝わらないですし、販売戦略を描けていなければ売り上げは上がりません。

それこそセールスライティングやマーケティングを知っていれば商品サービスを持っているすべての人の売上に貢献できますし、プラスα薬機法を知っていると強みになります。

 

専門知識やスキルを身につけることをゴールにするのではなく、本質を見失わないことが大事ですね!

 

薬機法やライターの価値向上について知りたい方へ

 

薬機法やライターの価値向上の方法について、公式LINEで配信しています。

薬機法のクイズなどの行っていますので、興味のある方はこちらからご登録いただけます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です