売れるLPの最適な長さは?【B&Hライター養成講座第151回事例検討会】

事例検討会

こんにちは。

B&Hライター養成講座事務局の辻本です。

2021年12月14日20時~22時、「B&Hライター養成講座」の第151回事例検討会を行いました。

事例検討会では、薬機法等の関連ルールやマーケティングなどの知識のインプットだけではなく、実際に受講生が制作したLPなどを使い、売れるLPを完成させるためにディスカッションをします。

ディスカッション形式を取ることで、LP制作者だけではなく、他の受講生も知識のアウトプットができます。

また、過去に経験したケースをもとに情報共有や意見交換ができるのも事例検討会の魅力です。

 

この記事では、「事例検討会に出た主な相談」と「売れるLPの最適な長さは?」についてご紹介します。

第151回B&Hライター養成講座事例検討会に出た主な相談

  • 売れる健康食品のLPを創るには?
  • 医療広告LPの注意点
  • クライアントを説得する際のポイント
  • ハーブソルトは明らか食品?どこまで訴求できる?
  • 薬機法の違反事例はどこで見ることができる?
  • SNSが広告となる場合は?

事例検討会に参加した受講生の声

事例検討会参加後の受講生の感想をいくつかご紹介します。

【】内の点数は「今日の事例検討会を知り合いにすすめる可能性は10点満点で表すと何点」という質問に対する回答です。

M・W様【10点】
【上記の点数をつけた理由】

実案件に対する見解だけでなく、実際にクライアントさんに聞かれたらどう答える?という部分の話も聞けるから。
薬機法の違反事例について聞かれた時の答え方がとても参考になりました。
最後にしたTwitterの質問は最近モヤっとしていたことだったのでスッキリしました。
ありがとうございます!

K・T様【10点】
【上記の点数をつけた理由】

作成中のLPの改善点をたくさん聞けたこと。
薬機法、FV画像、流れ、長さ、デザイン全部が気になってきて不安になっていた。
多くの方が同じところが気になったことや、難しい言葉は使わないこと、改善点がはっきり分かりスッキリしました。
また改善策も教えてくださり、ありがたいです。
皆さまありがとうございました。

R・S様【10点】
【上記の点数をつけた理由】

毎回、多様な事例に触れることができること、それに対して実際クライアントさんにどのように対応しているのか、行政の対応は、など仕事をする上で一人では得ることのできない共有があるため。
LPプロットの仕上がりレベルを知れたこと。
ストーリーは一貫性をもって訴求をすること。
健食について、素人知識なので今の視点を大切にしていき、制作段階でも忘れずにいたいです。
LPのゴールはなにかを明確にしながら制作すること。
平易な言葉を使い、離脱を防ぐ意識を持つこと。
検討会でのお話は全てが初めてなので、全てが気づきといえばそうなります。
今まではインプット期であると考えていましたが、これからは実際に制作することを想定して取り組んでいきます。

K・T様【10点】
【上記の点数をつけた理由】

LPを練習で作成したばかりだったので、お仕事で制作されたLPを見れてとてもためになりました。
クライアントさんの意向をくみながら、いかに売れるLPにしていけるか、を考えることはとても大切だということ。
クライアントさんに気づきを与える事ができるように工夫できたらと思いました。
売れてるLPを見ていただくなどして、なんとか糸口をみつけることで、お役立ちできるようしていきたいと感じました。

M・G様【10点】
【上記の点数をつけた理由】

医療広告ガイドライン、明らか食品か健康食品か迷うものなど、様々な事例に触れられた。またお客様に説明する際の流れなどもセットで教えていただけるので毎回ありがたいです!
前回から「LPは詰め込みすぎず、不要なものは削ぎ落とす」ことが非常に大事だと感じている。
思いが強く伝えたいことがたくさんあるクライアント様も多いと感じるが、言われたことをそのまま書くのではなく、LPとして魅力的になるようこちらから誘導して削ぎ落としていくのも必要。
明らか食品に該当するか迷うもの、明らか食品を知らず「食品だから何を言っても問題ない」と考えているであろうものをよく目にする気がするので、今後も注意していきたい。

売れるLPの最適な長さは?

「売れるLPの最適な長さ」気になりませんか?

最適なLPの長さは商品やサービスによって異なるため、長い方が良い・短い方が良いとは一概には言えません。

 

例えば、高額な商品やサービスのLPの場合。

「なぜその商品やサービスの金額が高いのか?」理由をしっかり説明する必要があるためLPが長くなることが多いです。

消費者は高額な商品購入には慎重で、価格に見合う価値があるのか判断するために、長いLPであっても内容を読んでもらえる傾向にあります。

 

しかし、長いLPには離脱率が高まるというデメリットもあります。

消費者は長い文章を読むことに疲れたり、飽きたりするとLPを閉じてしまいます。

クライアントさんからの要望で商品への想い、スペックなど伝えたいことが多い場合もありますが、内容を詰め込みすぎた長いLPは読んでもらいにくくなります。

本当に載せるべき情報かを精査し、売り上げアップにつながる魅力的なLPを制作したいですね。

 

事例検討会では、売れている広告を研究したり、薬機法✖️セールスライティング力を磨いたりすることで、消費者が買いたくなる広告を創るスキルが身につきます。

美容・健康分野で活躍したい方へ

美容健康分野に関わるセールスライターとして活動するのであれば、薬機法、景品表示法といった関連ルールの知識は必須です。

さらにマーケティングやリサーチ力を身につけ提案の幅が広がりクライアントの売り上げアップに貢献できる人材は重宝されます。

「クライアントの売り上げアップに貢献できるセールスライターになりたい」「B&Hライター養成講座が気になる」という方はぜひこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です