知らないでは済まされない、 薬機法 違反!

薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。

 

今日は 薬機法 の 違反事例 について学びました。

行政指導 の多くは同業者からの指摘が多いそうです。。。

 

なるほど…他社の広告を「あの会社ではこんな表現をしています!」と告発するのか。。。

悪いことはできませんね (^_^;)

 

もしかしたら、広告作成時に、「少しくらいは法に触れてもいいだろう」とか、「バレないだろう」とか思ってしまうことがあるのかもしれません・・・

けれども、使用できない表現を使用することで、製品回収・指導の可能性があるならば、商品の販売促進に大きな打撃を与えてしまいます・・・ (>_<)

 

急がば回れ …(^_^;)とはよく言ったもので・・・

しっかりと 薬機法 を守って広告を出したいですよね。

 

安易な気持ちで広告を出してしまうことのないよう、しっかりと学習を進めてまいります!!!!

 

薬機法 の 不適事例 がインターネットに掲載されておりました。

《 身体 の 組織機能 の 増強 ・ 増進 を標ぼうする表示が見受けられる不適例》

・「免疫力をアップさせ、病気知らずの体に。」

・「基礎代謝を上げて、脂肪を分解!」

 

《 身体 の 特定部位 への 効能効果 を標ぼうする表示が見受けられる不適例》

・「肌にハリとうるおいを与えて、美肌効果」

・「悪玉菌を殺して、腸内環境改善効果」

 

《 痛み に関する 改善効果 を標ぼうする表示が見受けられる不適例》

・「膝の軟骨成分の生成を促進し、痛みを和らげる」

・「関節炎、関節リウマチ等の痛みに効く」

引用元:
→(平成31年1月31日移転)http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_shoku/kenkounavi/

 

ふむふむ…

「効能効果をうたってはいけない」ということはなんとなく理解しておりましたが、身体部位を出すだけでもいけないのですか・・・

知りませんでしたっ・・・(T ^ T)!

 

知らないでは済まされないのに、 NG表現 が細かいんですね・・・!!!

 

違反事例紹介は、今後内容をまとめて 記事 にしたいな!と思います(*´꒳`*)!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です