仕事を安定して獲得していくための「案件獲得会議」の最中に、仕事が決まる!/第3回 案件獲得会議 開催

こんにちは、 薬機法 専門 薬剤師 コピーライター・コンサルタント の田中 由那子です。

先日の『「※使用感・結果には個人差があります。」はもう使えない!!』は反響がありましたね。それだけこれまでは多くの商品広告で利用されてきたということが伺えます!

景品表示法の主管である消費者庁の方は、昨年くらいから打ち消し表示に注力していたのが、いよいよ結果として出てきたなという印象です。

 

さて、先日行った『 薬機法コピーライターのための案件獲得会議 』では、会議中に仕事の紹介が入りその場で決まるという展開に驚きました。しかも、継続的に仕事ができるのでその安定さが魅力!!

こんなふうに薬機法が関係すると仕事の数が多いですし、他にできる人がいないので自然とできる人のところに仕事が集まってくるんですよね*ˊᵕˋ*

 

月に1回行う『案件獲得会議』、来月行う日までにメンバーのそれぞれが「何をどこまでするのか」をコミットします。来月の回がとても楽しみです!!!

 

また、日頃の学びの中で疑問に思ったことや「この薬事広告表現はOKなの?」「その表現をもっと魅力的にするには?」といった質問に一緒に考え、答えていきます。法を守っても売れなければ広告とは言えません!商品の魅力や他にはない”売り”はしっかりと表現しなくてはなりませんね。

 

今回された方からはこんな感想をいただきました。

● OKレベル、NGレベルがスッキリ。オウンドメディアでの活かし方、健康食品・化粧品でルールがごっちゃ問題、女性が特に響く◯◯は△△を活かす!などスッキリした

(薬機法ができるコピーライター 伊藤久徳様)

 

● 健康食品の規制がまだしっかり把握できていないということに気づきました! 違反事例や広告添削をシェアしていきます

(化粧品薬事コンサルタント 福永えま様)

 

アドセンスやFacebook広告の実際などが勉強になりました!キャッチコピーや魅力的なワードの作り方、文章の魅せ方などをもっと身に付けたい。

(化粧品健康食品分析コンサルタント 辰巳 和子様)

 

● 接骨院などのライティングチェックするときは あはき法 に注意すべき!など広告チェックのポイントがわかりました

(インバウンド専門薬機法コピーライター 西田雲雅様)

 

 

学ぶだけで終わらせるのではなく「血肉にしてクライアントに役立てよう!」という方ばかり!!!

 

そんな今回の内容は…

◇「オウンドメディア」は薬機法のどこまで表現できるのか?効果的な活かし方は?

◇ 美容サプリで「内側からキレイ」って言える?お客様の声で「個人の感想であり効能効果ではありません」はもう言えない

◇ 美容サプリで医師の推薦はどこまでOK?

◇ 記事広告は最近広告審査が厳しくなっている、記事広告で魅せるには「◯◯ライティング」を使うこと!

◇ 薬機法コピーライターとして仕事をとるコツは、◯◯を切り出す!

など…。

 

今回は、多くの方から質問が飛び交っていたので、あっという間で内容の濃い2時間でした!来月の会も楽しみです!!

参加者の学びが加速するようサポートしていきます。皆様、よろしくお願いいたします*ˊᵕˋ*!!!

 

 

【 過去の記事 】

 

【 過去の 景品表示法 違反 事例 】

 

【 薬事広告事例検討会の内容】

 

【薬機法コピーライター養成講座 受講生の実績】

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。