エステ の 広告 で「肌の奥の奥まで導入」って言える?〜 2019/11/2 第50回 事例検討会 開催

6a79cc7f9b9cd13cb161f32f3efcc340

こんにちは

薬機法 専門コピーライター・コンサルタントの田中由那子です*ˊᵕˋ*

 

11月2日に『 薬機法コピーライター養成講座【実践コース】対象の 案件獲得会議 』を開催いたしました。

 

事例検討会は、主に受講生の疑問・質問を解消していく場。

皆さんは日々、 インターネット等で見つけた 広告 をチェックし、薬事表現の理解を深めています!

その中で、「これって書いてもいいの?」と疑問に感じたものを質問し、皆で考えていくというのがこの検討会の一番の目的!!!

 

 

  エステ の 広告 で「肌の奥の奥まで導入」って言える?

 

今回は、参加者がインターネットで見つけた広告を見て疑問に思った内容からチェック!

 

化粧品で「肌の奥まで」と書くときには角層までであることが条件となっていました。では、エステの場合はどうなるのでしょう?

 

この場合には、エステであるというのがポイントになってきます。そのため、◯◯であるという前提の場合には、書くことができるんです。ただし、この前提をしっかり明記しておかないといけません!

(実際には 都道府県 や 担当者 によって見解に差が出ることもあります)

 

こんなふうに、 薬機法 で OK のラインをしっかり見極め表現することが大事ですね*ˊᵕˋ*!!

 

主な内容

 

⚫︎ 補正下着の広告はどこまで書ける?
⚫︎ 補正下着で骨盤をサポートって書いても大丈夫?
⚫︎ 補正下着は雑貨扱い
⚫︎ 補正下着で体が鍛えられると書いても大丈夫?
⚫︎ EMSで着けるだけで筋肉を鍛えられると書いても大丈夫?
⚫︎ 広告代理店の死活問題は◯◯
⚫︎ 広告代理店の死活問題を解決できるのが薬機法コピーライティング

 

⚫︎ セールスすることなく仕事を獲得する方法
⚫︎ 薬機法コンサルタントになればサポート範囲は無限大

 

⚫︎ ライターが仕事を取るなら◯◯と仲良くしておけ
⚫︎ ライターが仕事を取るには◯◯に参加せよ

 

⚫︎ 薬機法がわかるだけの人はたくさんいる求められているのは◯◯ができる人
⚫︎ エステの広告で肌の奥まで導入って言える?
⚫︎ メーカーの◯◯社は薬機法を押さえた広告の作り方がうまいので要チェック
⚫︎ サプリの紹介記事で商品リンクがない場合、広告扱いになる?
⚫︎ ◯◯は薬機法ではNGワードだが広告では通ることも

 

⚫︎ 仕事獲得のために企業宛に送るメールで成果を高めるには
⚫︎ 仕事獲得の成果を高めるには自分の紹介に◯◯を入れる
⚫︎ 売り込みせずに仕事につなげる文章とは
⚫︎ 仕事は誰もがプロに頼みたい
⚫︎ 売り込まずにプロだと思ってもらう書き方とは
⚫︎ 面識がなくても仕事につなげるには◯◯が必須!
⚫︎ 仕事を取るなら競合の◯◯を押さえておくとよい

 

⚫︎ 健康器具で血流が良くなるといっても大丈夫?

 

まとめ

 

今回は、  ライター として薬事添削力を高めていただくために、実際の広告を用いて「実践的な薬機法の知識を身につけていただきました!

 

皆さんには、薬機法コピーライターとして突き抜けていただきます*ˊᵕˋ*✨✨

 

 

 

次回の開催は11月14日(木)。

皆さんの成長が楽しみです…*ˊᵕˋ*

 

一緒に薬機法の「スキル」を身につけませんか*ˊᵕˋ*?

薬機法が身につくと、仕事獲得力が一気に上がります!実際、仕事が増えて収入が上がった皆さんはこちら

 

 

LINEでほぼ毎日薬機法のポイントや事例、高単価で仕事を取るコツを紹介しています!!!

無料!1日3分”観て学ぶ”『薬機法コピーライティング』
大きく売上をUPしたいコピーライター・広告代理店・アフィリエイターが毎日視聴中!
→LINE ID『@892copy』

薬機法コピーライティングLINE 登録用QR

 

 

【 薬事広告事例検討会の内容】

 

 

【 過去の 景品表示法 違反 事例 】

 

【 過去の記事 】

 

【薬機法コピーライター養成講座 受講生の実績】

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。