「 高額の仕事につなげる 提案力【 実践編 】 」〜 2019/6/9 第34回 事例検討会 開催

b8b32a47aca182592f9822fd5b35193e

こんにちは

薬機法 専門コピーライター・コンサルタントの田中由那子です*ˊᵕˋ*

 

6月9日に『 薬機法コピーライター養成講座【実践コース】対象の 案件獲得会議 』を開催いたしました。

 

単発の広告制作ではなく、高額で長く仕事を継続していくには、課題発見力と提案力が大切です。

今回は、全員がより 高額のお仕事につなげる力 を高められるよう実践を中心とした検討会を行いました!

今回の実践は、「 他者の疑問から 課題を探し 解決策を提案する 」 というもの。

実際の現場と同じような設定で提案していくので、現場力が高まるんですね*ˊᵕˋ*。

 

練習で100回行ってより精度が上がるフィードバックを受けるか…

100回現場で訓練して積み上げるのか…

あなたならどちらを選択しますか・・・*ˊᵕˋ*???

 

 

さて、実際にどのようなことをおこなったのかご紹介します*ˊᵕˋ*。

 

 

【 実践 】 高額の広告制作を受けるためには 提案 せよ

 

高額の仕事につなげるには、専門性の高い知識と提案力が必要です。専門知識がないと、お客様の課題を洗い出して解決策を提案することができません!

そこで、今回のお題は、

「ある美容商品の売れる広告戦略を提案する」

 「あるダイエット広告をより反応アップさせる薬機法コピーライティングを提案する」

というように、実際の商談の場を想定したセッションとなりました。

 

これは、実際よくあるシーンをそっくり課題にしたもの。

これならお題をこなしていくだけで、現場力が格段に上がりますね!!!!

 

 

参加者からはこんな気づきをいただきました。

広告事例 を知ることが 提案力 アップにつながると確信した

新しい 事業戦略 に悩んでいたが一気に 解消 できた

・ 圧倒的な 知識経験 を身に付けたい

営業 していると感じさせてしまうメッセージは逆効果だと気付いた

戦略 を練るから自分に磨きをかけるいい訓練になった

解決策 がすぐに思い浮かばないものもあってもっと勉強しようと決めた

・グループで課題をやるから自分にはない提案がありすごく有意義だった

・皆のアイディアを元に次回までに仕事を1件受注するとコミットする

・お客さんにマーケティングの視点でアドバイスをするようになったら継続率、受注率がアップした

 

さらに、自分ビジネスがよりお客様に選ばれるように紹介文を磨きたい!という参加者も!

「こんな文章にしたら、より仕事を頼みたくなる!」

というアイディアを参加者全員から受け取っていました。皆さんのご意見をもとに、ぜひ仕事獲得につなげてくださいね*ˊᵕˋ*!!!!

 

主な内容

 

  紹介 が生まれる 自己PR 作り
●  アポ獲得率 100%のトークはすごく単純だった
● 単発案件 に終わらず 高単価 で 継続案件 につなげるポイント
●  歯科医院広告 の NG表現 を 魅力あるOK表現 

相手 の 興味 を引きだすキーメッセージ

●  薬剤師 は 身体機能 や成分を理解しているから、 提案力 を上げやすい
●  ヘアケア化粧品 の 広告表現 、これOK?NG?
●  法律 を守りながら 魅力ある言い換え を生み出す秘密
● 美容器具 の 新しい事業戦略 を検証する

● ダイエットサプリ : 商品特性 を活かした魅せる 広告コンセプト とは?

●  サプリメント 広告 は 画像 が命と言われる理由
●  広告タイトル は 顧客 が頭で理想を描ける表現を用いること
● 直近の 景品表示法違反 で 医師 も 罰則 を受けるのか

● 「◯◯」は 化粧品 の 誹謗中傷 表現 に該当するのか

● 高い成果が出る記事LPを制作するポイント
● ライターとして継続して仕事を受ける人はここが違う!

 

まとめ

 

今回は、 ライターとして高額の仕事を獲得する力 を高めていただくために、実践を通して提案力を身につけていただきました!

 

皆さんには、薬機法コピーライターとして突き抜けていただくために、必要な企画想像・提案力を磨き上げていただきます*ˊᵕˋ*✨✨

 

 

 

次回の開催は6月17日(月)。

皆さんの成長が楽しみです…*ˊᵕˋ*

 

薬事広告の事例検討会に参加しませんか?

ご参加いただくには、まず薬機法を身につけていただく必要があります。

↓↓↓

 

 

 

 

【 薬事広告事例検討会の内容】

 

【 過去の 景品表示法 違反 事例 】

 

【 過去の記事 】

 

【薬機法コピーライター養成講座 受講生の実績】

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。