「 白髪が黒く 」で サプリメント が 景品表示法 違反 / 2019年6月 景品表示法 違反

f6993e91ad7e869f49dd2e7e315e1eda

こんにちは、 薬機法 専門 薬剤師 コピーライター・コンサルタント  田中 由那子です。

 

飲むだけで 「白髪が黒く」 なるかのような広告を出したとして ECホールディングス に対して、 消費者庁 は 景品表示法 に基づく 措置命令 を出しました。

 

それでは、今回の白髪黒々サプリメントの 景品表示法 違反 がどのような内容だったのかを確認していきましょう!

 

サプリメント「白髪が黒くなる」 という表示で 景品表示法 違反 ( 優良誤認 )、その全容は

 

令和元年6月5日、サプリメントを飲むだけで「 白髪が黒くなる 」かのような表示には根拠がなく、景品表示法 違反( 優良誤認 )にあたるとして、消費者庁は 販売する会社に対して、再発防止 を求める 措置命令 を出しました。

 

措置命令 の対象となった表示

 

(消費者庁の景品表示法措置命令の資料より抜粋)

Before、Afterのイラスト女性が白髪から黒髮へと変化している

「黒々ツヤツヤ成分」

など

あたかも 白髪が黒くなるかのように表示をしていました。

 

 課徴金 の対象となる期間

平成30年10月1日から平成31年2月7日までの間

 

 ECホールディングス の対応

 消費者庁 は、ECホールディングスに対し、 景品表示法 の規定に基づいて、表示の裏付けとなる 合理的な根拠 を示す資料の提出を求めましたが、期間内に資料を提出しませんでした。

そのため、サイトの表示が 景品表示法 の 不当表示 ( 優良誤認 )に該当すると判断されました。

その後、同社は対象商品について実際よりも著しく優良である表示をしていたことを日刊新聞紙2紙に掲載して、一般消費者に知らせました。

 

措置命令の概要

1、 再発防止 のために必要な措置を実施し、 役員 及び 従業員 に周知徹底すること。

2、今後、表示の裏付けとなる 合理的な根拠 をあらかじめ有することなく、同様の表示を行わないこと。

 

 

まとめ

6月5日、 サプリメント を飲むだけで「 白髪が黒くなる 」と 表示していたとして、消費者庁 は、販売会社に対して 根拠のない表示が 景品表示法 違反 ( 優良誤認 )にあたるとして、 措置命令 を出しました。

 

黒髮サプリメントは今年3月にも福岡県の会社で景品表示法違反が出たばかり…。黒髮系のサプリメントはこれから特に注意しなければなりませんね。

 

令和になってすでに2件目の消費者庁 の 景品表示法違反

 

これからも一気に増えていきそうですね!!!

 

WEB広告はこれからますます厳しくなります。

コピーライター 、 広告代理店 の方は、 薬機法 ・ 景品表示法 を必ずチェックしておくようにしましょう!!!

 

 

引用:令和元年6月5日掲載
 消費者庁 「 株式会社ECホールディングスに対する景品表示法に基づく措置命令について 」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/release/2019/pdf/fair_labeling_190605_0001.pdf

 

 

【 過去の 景品表示法 違反 事例 】

 

【 薬事広告事例検討会の内容】

 

【 過去の記事 】

 

 

【薬機法コピーライター養成講座 受講生の実績】

 

f6993e91ad7e869f49dd2e7e315e1eda

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。