魅せる薬機法コピーライティング講座 第1回フォロー会を開催しました

こんにちは、 薬機法(薬事法)に強いコピーライター の 田中 由那子 です。

2月25日に“ 魅せる薬機法コピーライティング講座 ”のフォロー会を開催いたしました。

この講座を受けると、 薬機法 ( 薬事法 )を踏まえながら売れる 広告 表現 を 制作 できるようになります。今回、 講座 期間中に生まれる 疑問 ・ 質問 を解消していただくために、フォロー会を開催いたしました。

最初は、「 薬機法 は難しそう」「使いこなせないのでは…」と不安な表情をされていましたが、終了後には自信を持った表情に変わっていたので頼もしく感じました・・ (*´꒳`*)

 

第1回フォロー会の内容

 化粧品 の 広告 表現

薬機法 と コピーライティング の両方ができるとどんなベネフィットがあるのか

化粧品 にまつわる 法律 は( 薬機法 、 景品表示法 )

薬機法 上での 化粧品 の 定義 と 広告表現

知っておくべき 化粧品 のルールには何があるか

化粧品広告 で 表現 できる範囲( 効能効果範囲表 )

2017年改訂、 ビフォーアフター は OK ? NG ?

 健康食品 の 広告 表現

健康食品 にまつわる 法律 は( 薬機法 、 健康増進法 、 景品表示法 )

もし 違反 になったら?

これも 健康増進法 では 広告 扱いになるので要注意

 メディア 運営者 必見、 薬機法 を守りながら販売力を高めるには

販売力 を高める WEB戦略

医療関係者 からの 推薦 はOK?NG?

受講生からの質問

化粧品 の 効能効果範囲表 とは

違反 したらどうなるの?

薬機法 コピーライター として活動するためには

商品開発 から関わっていくためにできること

わずか2ヶ月で90万円の案件を獲得した方法とは

 

フォロー会の様子

今回の受講生は コピーライター として活動されている方々です。

いただく質問は具体的な話ばかり。一つひとつについて過去の 事例 や 体験 を交えて解説していきます。

最初は不安そうな表情をされていた受講生も、解説が入るたびに目に力強さが混じるようになりました。

講座は始まったばかりですが、 案件獲得 のために行動しようという声もすでに聞かれています。受講生のこれからが楽しみです。

ご参加いただいた方からの声

◆ 薬事 に興味があってもどうやって書いたらいいのかわからず、 法律 の 知識 がないと厳しいと思っていた。必ずしも 薬剤師 でなくても取り組めるんだという確信が得られました。(会社員T様)

◆まずひとつは 薬機法 は難しいと思っていましたが、どうやって活用できるのかをわかりやすく教えてもらい理解が深まりました。もうひとつは クライアント が悩んでいることは以外と自分でも 解決 できることなんだということがわかりました。(会社員K様)

◆すごい難しいと思っていたんですが、わかりやすく 解説 していただいて安心しました。 知識 がない状態でも勉強になりすごく満足です。同じような悩みを持っている方にも勧めたいです。( デザイナー N様)

 

まとめ

日頃の疑問・質問を解消していただくために有意義な時間を過ごしていただけるよう、あらかじめ聞きたいことを伺ったうえで開催しました。受講生の方から積極的に声をあげていただいたおかげでとても活発な会になりました。

お伝えしていく内容は、知識の提供だけにとどまらず、それをどう表現していくのか、どう仕事につなげていくのかといった具体的かつ実践的なものです。ぜひ明日からの仕事に役立てていただきたいと思います。次回は3月後半に行います*ˊᵕˋ*

 

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。