【 ライター 必見!】絶対押さえておきたい 景品表示法 のまとめ

こんばんは、 薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。

 

昨日に引き続き、広告を作る全ての人が押さえておくべき 景品表示法 ( 景表法 )について学習していきます(*´꒳`*)

 

私たちは、商品を買ったり、サービスを受けたりするとき、その品質や価格を参考にして選んでいます。ところが、その商品の情報が誤っていたら…?

期待する効果が得られないものを買ってしまいますよね。

 

 景品表示法 は、嘘の表記によりお客さんが商品を買ってしまうことのないよう、消費者を守るためにある法律です。

 

禁止となる「 不当な表示 」の対象となるのは当然、広告です!

 

例えば、

・商品、パッケージ、ラベルなど

・ ちらし 、 パンフレット 、カタログ 、 説明書 

・ Webサイト ( ホームページ 、ショッピングページ 、 ランディングページ 、 SNS 等)

・ ポスター や 看板 

・ 新聞 や 雑誌 に掲載された 広告 、テレビCM

・口頭(電話を含む)

   などが対象となります。

やっぱり、商品の”売り”について書かれる全ての媒体が対象になりますね!

 

景品表示法の不当な表示は、2つに分けられます。

今日はその2つについて触れていきますね(*´꒳`*)

 

★ 優良誤認

商品・サービスの品質・規格その他の内容について、

実際のものや他社のものよりも、優良であると誤解されるよう不当に表示すること

ということは、「効果がありそう」「良さそう」と誤解させるような表示のことなんですね!

例えば、

・「このサプリで失敗した人は1,000人中、たった1人だけ!」と表示していたが証拠がなかった

・健康食品に「栄養成分が他社の2倍」と表示していたが、実際には同じ量しか入っていなかった

引用元:

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/anzen/supply/k2014/26-3.pdf

http://www.caa.go.jp/representation/pdf/110329premiums_1.pdf

 

★有利誤認

商品・サービスの価格や取引条件について、実際のものや他社のものよりも、

著しく有利であると誤解されるよう不当に表示すること

こちらは、実際よりも「お得!」と誤解させるような表示のことなんですね。

例えば、

・「地域最安値」と表示したが、他の店よりも割高な価格だった

・ちらしに「超特価商品10点限り」と書いてあるのに、その商品を用意していなかった

引用元:http://www.caa.go.jp/representation/pdf/110329premiums_1.pdf

 

いずれの誤認も違反していた場合、「ちゃんと効果があるのか」を実証できる学術論文等の提出が求められます。

実証できなければ、広告の取りやめや修正をしなければなりません。

 

広告を作る時には、簡単にクライアントの話をうのみにしてはいけませんね。。。

いい意味で疑ってみる、確認する必要があるのだなぁと感じました…。

広告を作成する時には、景品表示法に反していないか確認しながら

ライティングしていなかければ…(。・ω・。) !!!!

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。