アマゾン に 景品表示法 違反 で 措置命令 、「参考価格」表記で 有利誤認

こんにちは、 薬機法(薬事法)に強いコピーライター の 田中 由那子 です。

年末に差し掛かった12月27日、 アマゾンジャパン合同会社 に対し、 景品表示法 の 措置命令 が出されました。

アマゾン といえば巨大 通販サイト を 運営 する企業。

通販会社 にとっても、 消費者 にとっても、驚きのニュースではないでしょうか・・・。今回の措置がどんなものなのか見ていきます(。・ω・。)

 

アマゾンが取り扱っていた3つの商品に「 参考価格 」と販売価格を併記されていました。実はこの「参考価格」というのはメーカーが一般消費者に提示される価格ではなかったり、メーカー希望小売価格よりも高く設定されたもの。

ですから、すっごく高い割引率で販売しているかのように表示していたことになります。

そのため、価格を 有利 に表示したことが 景品表示法 に 違反 する行為( 有利誤認 )だとして 措置命令 が出されました。

(引用:消費者庁 景品表示法 「 アマゾンジャパン合同会社 に対する 景品表示法 に基づく 措置命令 について」http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171227_0001.pdf)

どうやら 価格 について、確認が不十分なものを表示してしまっていたことから起こってしまった 事例 のようです。

サイトに掲載する上で不確定な情報を扱っていないか 注意 が必要ですね。

「景品表示法の有利誤認って何?」という方は、こちらで詳しく解説しておりますのでどうぞご覧ください。

 

アマゾン のサイト上でのこととは言え、 販売会社 は別なのでは?とも思ったのですが、表示をよく見ると、「この商品はAmazon.co.jpが販売、発送します。」と書かれているので、販売元がアマゾンだったのですね。

 

年末になっても 景品表示法違反 のニュースが出てくるとは・・・(。・ω・。)

本当に2017年は景品表示法でにぎわった1年でした。来年はどうなるでしょうか・・・。

 

参考;消費者庁 景品表示法「 アマゾンジャパン合同会社に対する景品表示法に基づく措置命令について」

http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171227_0001.pdf

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。