化粧品の広告では『◯◯医師もおすすめ!』は禁止! そんなときはある方法を使えば解決します

こんにちは、 薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。

 

今日は、 化粧品 の 広告 を作成するうえでの 注意点 について学んでいきます(*´꒳`*)

どうやら「◯◯医師のおすすめ」と書いてはいけないらしいのです。

 

えっっ、なんで・・・∑(゚Д゚)汗)

 

ではどうすればいいのかというと、ちょっと工夫するだけで推薦できる方法がありました(*´꒳`*)

 

今日は「医師の推薦はどんなふうに表現するといけないのか」「どうすれば推薦することができるのか」について学んでいきます。

 

医療関係者の推薦の禁止

 

適正広告基準 によると

 医師 などの 医療関係 の 国家資格 保有者 、 理容師 、 美容師 などの推薦はNG

 

ですから、『◯◯医師もおすすめ!』と表現することはできません。このような表現は、効果の保証と捉えられるからです。 商品 の 価値 や良さを感じてもらおうと良かれと思って掲載してしまうと、 違反 となってしまいますので注意しましょう。

 

さらに、 広告 に 白衣 の姿で出られるのは、その製品の 製造販売会社 の 社員 のみです。

また、社員であっても「 博士 、 医学博士 」などの 医薬関係者 を暗示する 肩書き を併記することはできません。例え事実であってもです。

 

このようなときは、 製造メーカー の 研究員 に 白衣 を着て登場してもらいましょう。「 白衣 」を着た人が 商品 の 特性 などを 紹介 するだけで、商品への信頼性や価値がグッと増して見えるものです。それだけ、わたしたちは「白衣を着た人」に威厳を感じるのですね。

 

医療関係者の推薦のポイントは言い換え

 

医療関係者 の 推薦 は 禁止 です。といっても、 推薦 することが 禁止 なわけではありません。 医療関係者 の 肩書き を 使用 することが 禁止 なのです。

ということは・・・、 医療関係者 、 国家資格 などの 肩書き を言い換えて 推薦 することができます。例えば・・・

  NG: 美容師 → 美容家

  NG: 美容師 → ヘアメーキャップアーティスト 

  NG: 皮膚科医 → エステティシャンおすすめ、皮膚の専門家

 

いかがでしょうか。

美容家 というのは、あくまで美容に詳しい方という位置付けになるので、 国家資格 ではありません。言い換えのポイントは、その道の 専門家 、 プロ というイメージを与えられる表現を選ぶこと。ぜひとも、ぴったりな言い換え表現を見つけてみてください。

 

まとめ

 

化粧品 の 広告 では 医療関係者 からの 推薦 を 掲載 することはできませんが、 言い換え をうまく活用することで、 推薦 できることがわかりました(*´꒳`*)

「 禁止表現 だから使えない」と考えるのではなく、「どうしたら表現できるのか」を見つけていきたいですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。