セルフホワイトニング装置は医療機器に該当する?【第173回 B&Hライター養成講座 事例検討会】

こんにちは。

B&H Promoter’s秘書の實川です。

2022年3月13日10時〜12時「B&Hライター養成講座」の第173回事例検討会を行いました。

事例検討会では、美容健康分野に特化した薬機法関連の情報の共有や、判断に迷う商品・販促物について相談できる場です。

商談や販促物作成時に根拠を持って説明できるよう、知識だけでなく実践を意識したディスカッションを通して得られる体験価値が魅力の一つです。

この記事では、「事例検討会に出た主な相談」と「セルフホワイトニング装置は医療機器に該当する?」についてご紹介します。

第173回B&Hライター養成講座事例検討会に出た主な相談

・検査を組み合わせたサプリメント、効果的な訴求方法は?
・事例をロジカル的に言葉で表現するメリット
・鍼灸院のチラシ「患者・診療」などのワードは使える?
・セルフホワイトニング装置は医療機器に該当する?

事例検討会に参加した受講生の声

事例検討会参加後の受講生の感想をいくつかご紹介します。

【】内の点数は「今日の事例検討会を知り合いにすすめる可能性は10点満点で表すと何点」という質問に対する回答です。

今回も全員から10点満点をいただくことができました!

A.Wさん(仮名)【10点】

【上記の点数をつけた理由】

雑貨であっても本来は医療機器であったりして、仕事として受ける際には注意が必要等知ることができたから。

【事例検討会で解決できたこと・気づき】

実績も必要ではあるけど、それよりも事例をたくさんストックして、クライアントさんとの会話でスムーズにやりとりができる方が重要だと改めて気づきました!

T.Kさん(仮名)【10点】

【上記の点数をつけた理由】

診断サプリの事例、歯科雑貨の扱い、あはき法などあまり知らないジャンルの事例を知れたため。

【事例検討会で解決できたこと・気づき】

これからのトレンドも知っておいた方がいいのかもと気づかされました。

H.Hさん(仮名)【10点】

【上記の点数をつけた理由】

あはき法に関する自分の見解について確認できたから。

 

【事例検討会で解決できたこと・気づき】

自分の選択したチラシは悪い見本だったことがわかった。

E.Mさん(仮名)【10点】

【上記の点数をつけた理由】

敬遠していたあはき法について、確認できたので。

 

【事例検討会で解決できたこと・気づき】

良いと思う、の先をロジカルに説明することが大切。

H.Yさん(仮名)【10点】

【上記の点数をつけた理由】

あはき法関連を再確認できたから

【事例検討会で解決できたこと・気づき】

ただ事例を豊富に知っているだけでなく、クライアントの商品サービスの場合にはたとえばどう言い換えるのか、ここまで提案できるとさらに信頼される。

 

セルフホワイトニング装置は医療機器に該当する?

最近では自宅で手軽に使用できる美容器具も増えましたね。

なかでも歯医者へ行かなくても、比較的安価で気軽に試すことができるセルフホワイトニングもその一つといえます。

今回の事例検討会では「LED照射器とジェル」を商材とするセルフホワイトニング装置は医療機器に該当するのか?についてディスカッションしました。

 

東京都福祉保健局が実施した薬務課講習会資料には、以下のように記載されています。

Q セルフホワイトニング装置とは? 
A 歯に酸化チタンを含む溶液を散布後、LED 照射機器を当て、酸化チタンの光触媒作用により歯表面の汚れを浮き上がらせるもの 

Q 医療機器に該当しないか? 
A LED照射機器及び酸化チタンを含む溶液ともに医療機器該当
薬務課講習会資料「雑貨等の広告について」(P32)

 

セルフホワイトニング装置に該当する商品は「医療機器」に該当するため、「雑貨」として取り扱った場合は薬機法違反となります。(東京都薬務課判断)

また、歯磨き類でのホワイトニングの表現について「化粧品の効能の範囲」としては

  • 歯を白くする(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。
  • 歯のやにを取る(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。
  • 歯石の沈着を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。

などがありますが、どれもブラッシングを行う歯磨き粉類とされており、ブラッシングをすることで物理的に歯の汚れが落ちることを意としているため、

『ホワイトニング装置(LED照射×ジェル)によって歯が白くなる』ことは表現できないので注意が必要です。

美容健康分野のセールスライターとして自信を持って活躍していきたい方へ

技術の進歩により次から次へと新しい商品が世に出ています。

なかには今回のセルフホワイトニング装置のように、医療機器に該当する商品も少なくありません。

こういった商品の販促物を作成・販売するにあたっては、常に最新情報をアップデートしていく必要があります。

B&Hライター養成講座の事例検討会では、新しく出た薬機法に係る通知の共有や、実際の広告を元にディスカッションをすることでセールスライター・マーケターに必要なスキルの向上に役立てることができます。

根拠と自信を持って商談に臨むことでクライアントからの信頼を獲得し、お役に立つことで仕事の幅も広がり収入UPにもつながります。

B&Hライター養成講座 事例検討会が気になる方はこちらご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です