シゴトが欲しくないコピーライターの方は読まなくて大丈夫です

こんにちは、薬機法専門コピーライター・コンサルタントの江良公宏です。

 

 

シゴトが欲しくないコピーライターの方は読まなくて大丈夫です(^_^;)

 

今日は「元研究職」という専門性が決め手でシゴトが決まりました(^^)

 

 

「どうだ、すごいだろーーーーー!!!!!!!」
的にマウンティングしたいのではなく、

誰もが「専門性」って持っている(秘めている)んだよなぁというお話です。

 

これ、本来は薬機法コピーライター養成講座で話している内容なのですが、

稼げるライターがもっと増えて欲しいと思っているので、今日はそのさわりだけシェアしますね。

 

私がよくする質問があって、

『急にトイレが詰まってしまってどうしようもない!
 そんな時はどこに(どういう業者に)連絡しますか?』

というもの。
で、これの回答の99%以上が

「水道業者(もしくはクラシアンとか)」

って答えなんですね。
 

 

たぶん、簡単なつまり程度であれば便利屋さんでもOKなはずなんですが、

未だかつて便利屋さんと答えた方はいませんでした。
(別に便利屋が悪いというわけではないですよ)
 

この質問1つで「専門性って大事なんだなぁ」というのがわかってもらえると思います。

が!

世の中の多くのコピーライターの自己紹介を聞いていると

「コピーライターの○○です」

って人が圧倒的に多い。

 

それがいいとか悪いではなく、

『その自己紹介で相手の記憶と感情に残れるのか?』

というのがポイントなわけです。

 

こういう話をすると

「私には専門性なんて…」

っていう人が必ずいるんですが、

必ずあります、人より優れている部分(得意な部分)

 

あとはそれを自己紹介に混ぜ込むだけ。

あまり長くしたくないので(十分長いけど)さらっと書いてますが、
これシゴトをとるコツですよ、まじで。


あなたの”専門性”はなんですか!?

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表/薬事法 に強い薬剤師コピーライター・コンサルタント  東京理科大学大学院卒 薬学修士。大学院卒業後、大手製薬メーカーにて研究職として新薬開発に4年間従事。独立後は薬事法広告のセミナー講師、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりセールスコピーライターの活動を行う。「薬剤師の知識」、「セールスコピーライティングの知識」、「薬事法(薬機法)の知識(薬事法管理者・コスメ薬事法管理者)」の3つを組み合わせた、独自開発の『魅せる薬機法ライティング』を強みとしたランディングページ制作・コンテンツ制作を得意としている。一部上場企業を含むクライアント様からは「1ヶ月で成約率が50倍以上になった」「2ヶ月で9,000万円以上の売上に繋がった」「内容が専門的であるのにとてもわかりやすかった」など喜びの声を多数頂いている。