【大阪】 宣伝会議 主催『 発注担当者 のための 広告法務 講座 』登壇 決定

こんにちは、 薬機法 専門 薬剤師 コピーライター・コンサルタント  田中 由那子です。

 

この度、B&H Promoter’s代表の江良が、宣伝会議 様主催の「発注担当者のための広告法務講座」(大阪開催)に登壇することが決定いたしました。

 

宣伝会議(大阪)19/6/14発注担当者のための広告法務講座

宣伝会議「発注担当者のための広告法務講座(大阪)」より抜粋

 

 

この講座では3部構成になっていて、

肖像権商標等の表示リスク、

薬機法景品表示法等の規制、

著作権や画像等の所有権の注意点 など

1日で集中的に学ぶことができます。

 

もし「社内に法務部がなくてチェックしていない・・・」なんて状態でしたらたいへんです。社内で作成した広告が原因で、罰則や罰金を受けることにもなりかねません。

一つの広告でプロジェクトが大きな打撃を受ける・・・なんてことを防ぐには、この講座がオススメです。

1日広告にまつわる法律を網羅して、ぜひ法務に強い体制を作りましょう

 

 

江良は3部構成のうち、第2部の「 表現における 法律 ・ 規制 を 事例 から読み解く( 薬機法 や 景品表示法 等の解説)」を担当いたします。

最近の 広告規制 の 現状 から、 薬機法 や 景品表示法 等をわかりやすく解説。また、法律を守りながら魅力ある表現を作るポイントについてもご紹介いたします!

 

 

この講座では他に2名の講師が担当いたします。

 

最初は、株式会社電通 の 西谷則昭 氏。

広告 を取り巻く法規の全体像や 知的財産権 、 著作権 等を解説されます。

 

最後は、 レクシア特許法律事務所 の 弁護士 ・ 弁理士 の 山田威一郎 氏。

著作権 や グラフィック 等の 制作物 は誰のものか等を解説されます。

 

 

日時:2019年6月14日

講義時間:10:00〜17:20

受講定員:30名

講義会場:宣伝会議 関西本部セミナールーム

受講料金:49,000円(税別、申込み金5,000円含む)

受講対象:宣伝・販促・広報・営業・企画部など制作物の発注担当者。広告会社の営業・ディレクターの方

 

講座の申込みや詳細についてご不明な点がございましたら、全て主催の宣伝会議様にご連絡くださいませ。

 

 

引用:宣伝会議 2019年6月14日大阪教室 1日集中「発注担当者のための広告法務講座」より

https://www.sendenkaigi.com/upload/save_image/03042001_5c7d05a0837d4.pdf?fbclid=IwAR0erqlIqpzMzyL2k1GU0wP9TlvD2sIAmHCEBsldo8GGItWsJ0tN3KLWemw

 

 

もし、日程が合わない、大阪まで遠くて行けないという方には、全国どこにいても参加可能なZOOM勉強会がございます。

 

インターネットを用いて行いますので、自宅や職場から参加することができます。

実際これまでは、アメリカや青森県などからご参加いただき、

薬機法ができるようになると

「売り込み不要で仕事が取れる!」

「報酬が増えて空き時間が自由に使える!」と

大きなメリットがある点にびっくりされています。

 

日頃忙しい方大阪の講義は日程が合わない方には、もってこいです。

もし「コピーライターとして大きく活躍したい!」という方は、一度こちらの案内をのぞいてみてくださいね*ˊᵕˋ*

 

【コピーライター向け「ゼロから始める薬機法コピーライティング勉強会」】
詳細はこちらからご覧いただけます *ˊᵕˋ*!!

 

 

 

 

【 過去の 景品表示法 違反 事例 】

 

【 薬事広告事例検討会の内容】

 

【薬機法コピーライター養成講座 受講生の実績】

 

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。