「最先端の○○」は化粧品の広告では薬機法NG。その理由と言い換えは?

8863a1ed033e715dba4ca56d49c52997

薬機法 (薬事法)・景品表示法・医療法 専門コピーライター・コンサルタントの江良公宏です。

先日開催していた薬機法コピーライター養成講座の事例検討会での一コマ。

ランディングページのチェックを依頼されたAさんが、他の方と私に対して不安な部分を確認していました。

 

Aさんは最近ではチェックや記事風広告の依頼を中心にだいぶ依頼が来るようになってきました。

しかもAさんの本業はライターではなく医療関係のシゴト。

日中は医療関係のシゴトをしつつ、空いている時間でライターとして活動しています。

忙しい方でもこうやってライターとしてのシゴトが増えていて、サポートしている側としては嬉しい限りです(^^)

 

さて、今日お伝えするのは、「最先端の○○」というフレーズについてです。

化粧品の広告ではNGとなるのですが、

・なぜ、NGなのか?
・どう言い換えすれば良いのか?

について、2回に分けてLINEでお伝えします。

今日と明日の21時にそれぞれ配信予定です。

無料!1日3分”観て学ぶ”『薬機法・景品表示法コピーライティング』
大きく売上をUPしたいコピーライター・広告代理店・アフィリエイターが毎日視聴中!
→LINE ID『@892copy』

薬機法コピーライティングLINE 登録用QR

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表/薬事法 に強い薬剤師コピーライター・コンサルタント  東京理科大学大学院卒 薬学修士。大学院卒業後、大手製薬メーカーにて研究職として新薬開発に4年間従事。独立後は薬事法広告のセミナー講師、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりセールスコピーライターの活動を行う。「薬剤師の知識」、「セールスコピーライティングの知識」、「薬事法(薬機法)の知識(薬事法管理者・コスメ薬事法管理者)」の3つを組み合わせた、独自開発の『魅せる薬機法ライティング』を強みとしたランディングページ制作・コンテンツ制作を得意としている。一部上場企業を含むクライアント様からは「1ヶ月で成約率が50倍以上になった」「2ヶ月で9,000万円以上の売上に繋がった」「内容が専門的であるのにとてもわかりやすかった」など喜びの声を多数頂いている。