在宅ワークをしたいママに薬機法ライターがおすすめの理由とは?

こんにちは!B&Hインキュベーション事業部長の中道麻智子です^^

私自身もうすぐ3歳になる娘のママですが、ママと薬機法コピーライターの仕事を両立して大きく稼いでいます。

 

ママにとっても薬機法コピーライターってピッタリなんです!

在宅ワークをしたいママに薬機法コピーライターがおすすめの理由をお伝えします♪

 

薬機法コピーライターは単価が高い!

 

ママは在宅で働きながら子供との時間を長く取りたいという方も多くいらっしゃるかと思います。

私自身もそう思っていたので、在宅でできる「薬機法コピーライター」という仕事をしています。

 

しかし、多くのライター募集の案件は高くても1文字1円、最近ではライターをする人も増えたので低いと0.5~0.7円の文字単価のものも増えています。

とにかくライターは単価が低いのです。

その点、薬機法コピーライターは専門性があるので、文字単価は10円以上を目指すことが可能です。

 

単価が高いからこそ、仕事の数が少なくて済む!

 

低い単価の案件だと、月に何十本と記事を書かなければいけなくなってしまいます。

例えば、会社員程度の給料をライターで稼ごうと思ったら1文字1円だと3000文字の記事だと20記事以上書く必要があります。

20記事以上を書くって時間も取られるし大変です。

 

一方で、薬機法コピーライターだと一文字10円を目指せるので3000文字の記事だと3万円になり、会社員程度の給料を目指そうと思うと月に7~8本で良くなるのです。

 

仕事と育児を両立するためには、いかに仕事にかける時間を減らせるかが勝負。

 

ママは仕事だけではなく、子供の送り迎えや家事などやることが盛りだくさんです。

だからこそ安い単価の案件を獲ってしまうと仕事の時間が長くなってしまい、子供との時間を長く取るために在宅で働ける仕事にしたのに正社員の時よりも時間が無いといった矛盾が起きてしまうのです。

 

私自身も起業を目指した当初はとにかく何でもよいから仕事をしたいと思って安い単価の仕事ばかりやってた時期もありましたが、その分子供との時間が減り、毎日疲弊していきました。

 

そうなると旦那との関係も悪くなるし、子供にも申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

 

ママは仕事にかける時間を減らしながら、大きく稼いでいくことが仕事と育児を両立するポイントです!

 

私自身も薬機法を身につけることで今では娘が保育園にいく時間だけ仕事をして、土日は家族との時間を長く取るといったライフスタイルを送ることができています。

 

ママは働き方に悩む人が多い。だからこそ、自分の経験を生かして応援したい。

 

ママは妊娠・出産を経てキャリアに悩む人も多く、本当は子供との時間を長く取りたいのにお金もいるからしたくない働き方を続けている人も多いです。

 

会社員としての働き方が好きで、楽しくできているのであればよいのですが、「本当はフルタイムで働きたくない」「家で仕事をして稼いでいきたい」と思っている方がいるのであれば、応援したいと思っています。

 

ママは家族の太陽。

ママが楽しく働いていると自然と家の中も明るくなり、家族関係もよくなりやすいです。

 

私自身正社員で働きながらの子育てとの両立で悩んできた時期があるからこそ、本気で在宅で育児と仕事を両立して活躍したいママを応援します!

 

薬機法を身につけて育児と両立しながら月10万円~20万円稼いでいきたいママ向けに無料相談会を行います!

 

薬機法コピーライターの仕事は単価が高いので、月10万円~の収入を育児と両立しながら稼いでいくことは可能です。

月10万円~20万円程度の収入が得られたら、貯金に回せたり、家族と旅行に行ったりとお金の不安が減りますよね。

 

ママで育児と両立しながら薬機法を身につけて稼いでいきたいママ向けに無料相談会を行っています!

それぞれの子育ての状況や夢や目標に合ったプランを立てさせていただくので、興味のある方はこちらからご覧くださいね^^

 

https://yakuji.892copy.jp/mom-yakkihou