オリジナル化粧品 創りの5ステップ・コンセプトワーク【LINE@-コスメ007】

(2016/7/21配信分)

今日は木曜日!オリジナル化粧品のオハナシです。

実は前回までで、コンセプト作りは一通り完了です。

あとはついに製品化に向けて、メーカーに問い合わせです♪

なのですが、途中からご覧になっている方もいらっしゃるので、簡単に流れをまとめてみますね(^_-)

5ステップで オリジナル化粧品 のコンセプトを創る方法

オリジナル化粧品創りのコンセプトワークは以下の流れで行います。

と、書くと5ステップしかなかったですね。

とはいえ、コンセプトはとにかく大切です。

最初の回で書いたように、コンセプト次第で売れ行きが決まることも多くあります。

前回紹介したえんぴつコロコロ作戦で、ぜひ良いアイデアを見つけてください♪

「オリジナル原料」も強みになる!

書いていて気づいたのですが、《オリジナルの原料》というのも大きな強みになります。

たとえば、ご当地原料もそうですね。

ライン@で配信した内容は、まとめ直した上で、《登録特典》として今後プレゼント予定です!

それ以外にも、今後特典を創ることを考えていますのでお楽しみに♪

では、次回はどうやってメーカーを選ぶか?についてお伝えします。

次回もお楽しみに!!

※投稿に際して追記

LINE@での配信内容はWebにも1ヶ月遅れ程度で配信していく予定ですが、登録者限定の特典としてジャンル別に分類されたPDF資料としてお渡しする予定です。

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。