オリジナル化粧品 創りで最も大切な”商品コンセプト”【LINE@-コスメ001】

(2016/06/09配信分)

今日は木曜日!ということで オリジナル化粧品 作りで最も大切な”商品コンセプト”作りについてお伝えしますね(^o^)

オリジナル化粧品 が売れるかどうかは、商品コンセプトにかかっています!!

あっ・・・広告費が超・大量にある!という場合は別ですよ(^_^;)

商品コンセプト創りでイチバン大切なこと

『どんな化粧品を誰に向けて売るのか??』

商品作りで最も大切なのは、コレです。

とはいえ、いきなり全部考えるのは難しい(>_<)

そこで、【誰でも売れる商品コンセプトが作れる】ようにステップバイステップで何回かに分けてお伝えします(^o^)

自分の強みを発見する7つの質問

まず最初にやるべきことは、「自分(自社)の強み」を理解することです。

どうすれば良いのかというと、次の7つの質問に答えるだけ!

【自分の強みを発見する7つの質問】

1.一言でいうと、あなたは「何屋さん」ですか?

2.これまでにどんな実績がありますか?

3.どのような理由でお客様に選ばれていますか?

4.あなたがこれなら人に負けない!と言えるものや得意なことは何ですか?(複数)

5.あなたの商品・サービスの魅力はなんですか?(複数)

6.他の商品とあなたの商品の違うところは何ですか?

7.あなたの商品・サービスを使うと、お客様はどんな価値を体験できますか?

 

まとめ

ちょっと長くなってしまいましたが、7つの質問に答えていくと「強み」が見えてくるのでぜひやってみてくださいね!

次回は、ブランド作りに大切な「あなたの価値観とは?」についてお伝えします。

それでは、来週もお楽しみに♪

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表/薬事法 に強い薬剤師コピーライター  東京理科大学大学院卒 薬学修士。大学院卒業後、大手製薬メーカーにて研究職として新薬開発に4年間従事。独立後は薬事法広告のセミナー講師、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりセールスコピーライターの活動を行う。「薬剤師の知識」、「セールスコピーライティングの知識」、「薬事法(薬機法)の知識(薬事法管理者・コスメ薬事法管理者)」の3つを組み合わせた『魅せる薬機法ライティング』を強みとしたランディングページ制作・コンテンツ制作を得意としている。一部上場企業を含むクライアント様からは「1ヶ月で成約率が10倍以上になった」「2ヶ月で9,000万円以上の売上に繋がった」「内容が専門的であるのにとてもわかりやすかった」など喜びの声を多数頂いている。