オリジナル化粧品 創りで最も大切な”商品コンセプト”【LINE@-コスメ001】

(2016/06/09配信分)

今日は木曜日!ということで オリジナル化粧品 作りで最も大切な”商品コンセプト”作りについてお伝えしますね(^o^)

オリジナル化粧品 が売れるかどうかは、商品コンセプトにかかっています!!

あっ・・・広告費が超・大量にある!という場合は別ですよ(^_^;)

商品コンセプト創りでイチバン大切なこと

『どんな化粧品を誰に向けて売るのか??』

商品作りで最も大切なのは、コレです。

とはいえ、いきなり全部考えるのは難しい(>_<)

そこで、【誰でも売れる商品コンセプトが作れる】ようにステップバイステップで何回かに分けてお伝えします(^o^)

自分の強みを発見する7つの質問

まず最初にやるべきことは、「自分(自社)の強み」を理解することです。

どうすれば良いのかというと、次の7つの質問に答えるだけ!

【自分の強みを発見する7つの質問】

1.一言でいうと、あなたは「何屋さん」ですか?

2.これまでにどんな実績がありますか?

3.どのような理由でお客様に選ばれていますか?

4.あなたがこれなら人に負けない!と言えるものや得意なことは何ですか?(複数)

5.あなたの商品・サービスの魅力はなんですか?(複数)

6.他の商品とあなたの商品の違うところは何ですか?

7.あなたの商品・サービスを使うと、お客様はどんな価値を体験できますか?

 

まとめ

ちょっと長くなってしまいましたが、7つの質問に答えていくと「強み」が見えてくるのでぜひやってみてくださいね!

次回は、ブランド作りに大切な「あなたの価値観とは?」についてお伝えします。

それでは、来週もお楽しみに♪

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。