オリジナル化粧品 を創った時の 失敗談(1)【LINE@-コスメ015】

(2016/9/23配信分)

こんにちは、食欲の秋で太らないように努力しているエラです(^^;)

最近多くの方がブログを見てくださっているのですが、そのときに言われることがあるんです。

『秘書ブログ面白いですよね!』

・・・私のブログの立場はいったい(^^;)(^^;)

さて、今日は予告通り、 オリジナル化粧品 創りの過去の 失敗談 をお伝えします。

といっても一回で書ききれる量ではないので、連載でお伝えしていきますね。

手始めとしては、以前、どのようなものを創っていたのかをお伝えしようと思います。

私が以前創っていたのは『石けん』

DSC_0538

今となっては、この石けんが「セールスコピーライター」になるためのきっかけになるとは思いもしませんでした!

石けんって比較的金額も安く、OEMの練習としては最適だったんです。

当時流行っていたのは、加齢臭対策石けんでした。

男の人にとって加齢臭は避けて通れない道かなと思い、自分もその分野でまずはチャレンジしてみようと思ったんです。

雑貨 の 石けん でも良かったのですが、せっかくなら肌に使う石けんを創りたい!

そう思い、私の「 薬剤師 」と「 化学の専門家 」としての知識を振り絞って考えた結果創ったのが写真の石けん。

最新の「銀ナノコロイド」と最高級の「竹炭」を配合した、気になるニオイをとる石けん。(名前は未だにない・・・)

身近の人やビジネスの師匠に使ってもらった感想は、『まぁまぁ。十分に売れる商品』との判断でした。

実際、すごく気に入ってくれる人も現れ、私の知らぬところで企業に営業をしてくれていた、なんてこともありました♪

・・・が、売れない。

で、なぜ売れないのかを徹底的に分析したところ、売れないポイントを見つけたというわけです。

次回からは、そもそものコンセプト創りの部分から販売までどのように進めていったのか?を、より具体的にお伝えしていきますのでお楽しみに(^_-)

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。