2016年34歳の抱負。薬機法ライター・予防医療など

※注意:この内容は、誕生日であった11/9に書いた物です。

たくさんのお祝いメッセージありがとうございます(^o^)

せっかくの機会なので、34歳になっての抱負を改めて書こうと思います。

『カッコイイ父親』になる!

子は親の背中を見て育つと言いますが、最近ほんとうにそうだなと思っています。

けんけんに夢を見せ続けられるよう、自分自身も現状に満足せず、とまることなく進化成長をし続けます。

夢を2つ実現させる!

(1)予防医療の普及

これは10月から書いていることですが、『医者もクスリも必要ない』ぐらい予防医療を普及させたいです。

といっても、良くあるように医学・薬学を否定しているわけではありません。

私自身、薬剤師という肩書きも持っているので、医学・薬学の重要性は認識しています。

ただ・・・現在の医療は『医者とクスリ』に頼りすぎなのではないかなと思うんです。

誤解を恐れずに書くと、多くの予防医療のサイトはその思想に偏りがあります。

私は予防医療の可能性を信じている分、あくまで『中立』の立場でものごとを捉えていきたいと思っています。

そんな中立の予防医療サイトを11月中に立ち上げます。

(2)エコノミ舎の設立

夢のもう一つは、義務教育では教えてくれない体験型学習ができるエコノミ舎を設立すること。

自分の子どもを見ていると、実際に体験して学ぶことの大切さ・楽しさを実感しています。

また、お金の知識などは義務教育では教えてくれません。

日本人は『稼ぐこと=悪・卑しい』という考えの方が多いですが、お金というドウグは使い方がとても大切です。

場所は秩父。廃校を購入します。

立ち上げたら毎週末けんけんと籠もりそうですが(笑)

エコノミ舎の目的は、「いつになっても自分の夢は○○です」と言える大人を増やすこと。

そのために、普通では体験できないような体験を提供していきます。
 
 
 
って、気づけばかなり長くなりましたが、こんな感じです。

その他にも薬機法ライティングを・・・とかいろいろあるんですが、今日はこのへんで(^_^;)

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。