【 ライター 必見】 健康食品 の 広告 で 薬機法 を守るための3つのポイント【LINE@-薬事003】

健康食品で薬機法を守るための3つのポイント

(2016/6/13配信分)

今日は月曜日なので 薬機法 のテーマでお届け!

まずは基本から!というつもりだったのですが、もう最初に”極意”をお見せしちゃいます(^_-)

健康食品 の 広告表現 で 薬機法 を守るには、実はたった3つのことを意識するだけでいいんです。

健康食品 の 広告 で 薬機法を守るための3つのポイント

それは・・・

1.効果・効能をいってはダメ (○○改善、○○予防など)

2.カラダの特定部位を言ってはダメ (眼、肝臓など)

3.病名、症状を言ってはダメ (便秘、不眠、関節痛など)

の3つ!

もちろん、これだけで100%カバー出来るわけではありませんが、この3つを意識するだけでかなり変わります!

とはいえ、 健康食品 に関しては関連する法律が7個もあり、 広告表現 に関して記載されているモノも多くあります。

特に今年は、今まで『沈黙の法律』とまで揶揄されていた『 健康増進法 』の大・改訂があり、状況が一変しそうです。

今後、そちらについてもわかりやすく発信していきますのでお楽しみに!

もし、お友達のお役に立ちそうでしたら、どんどん転送してあげてくださいね!!

健康食品で薬機法を守るための3つのポイント


LINEで最新情報を【無料】で受け取れます!


LINE-CTA

LINEアプリが入っていればすぐに購読できます!!

「友だち追加」のボタンを押す、もしくはLINEアプリで「@892copy」と検索して友だち追加してくださいね(^o^)

※小冊子は準備中なので、用意でき次第ご案内いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。