なぜ、だいだ衣(オレンジの白衣)で 薬機法セミナー をしているのか?

なぜ、オレンジの衣装を着ているのか?

これ、とても良く聞かれます(笑)

今日は少しムカシバナシをしましょう。。。ワタシが、だいだ衣(オレンジ色の白衣)を着ている理由についてデス。

すでにお気づきの方も多いと思いますが、実は認知的不協和を狙っています。

実は、最初は普通に白衣だった

かれこれ数年前、当時のワタシはすでに 薬機法セミナー (当時は 薬事法セミナー )をやっていました。その名も、『小学生でもわかる 薬事広告 の教室』です。

普通のセミナー講師って大抵はスーツを着て講義しますよね。ワタシもそこに疑問を持たず普通にスーツにしておけばいいものを、あまのじゃくなワタシは何か変わったことをしたくてウズウズしてました(^_^;)

で、最初に試したのが「白衣」。まぁ、薬剤師な上に元・研究職なので定番ですかね。

が!

DSC_0037

写真見て思ったんです。

見た目すげー普通じゃん!!!

話す内容はすごく真面目でかた~い、 薬機法 ( 薬事法 )・ 景品表示法 ・ 健康増進法 などの法律と 広告 のハナシ

見た目普通な上に、セミナーの内容は 薬機法 ( 薬事法 )・ 景品表示法 ・ 健康増進法 などをベースにした、 健康食品 や 化粧品 の 広告表現 のハナシだったんです。

・・・ものすごく真面目な上に、難しい(^_^;)

『小学生でもわかる 薬事広告 の教室』とはいうものの、やっぱり少しは法律の内容を話さなければいけないんですよ。

さらに、ワタシは冗談を言うのが下手なんです(。・ω・。)

なので、

『せめて見た目だけはカジュアル(=面白おかしく)にしてみよう!』

と思ったのが最初のきっかけです。

それを後押ししたのが、以下の内容。

同じ教授が上下スーツで授業をする場合と、
ジャケットとジーパン(ジーンズ)で授業する場合で分け、

聴講生の数を調査したところ、

ジャケットとジーパン
といったカジュアルな服装の方が、

聴講率が7倍に向上した
調査結果があることが明かされた。

難しい話をする人が

カジュアルな気軽な服装をしている、
あるいは、カジャルな気軽な話をする人が

きちっとした服装をしている、
これこそが認知的不協和であると説明。

引用元:http://densetsunavi.com/archives/9860
(当時別のブログがあったんですが、URL失念・・・)

見た目だけカジュアルに作戦はそのまま決行され、そこから、着色された白衣探しが始まりました(笑)

探すと、結構いろいろな色の白衣がある

h242

(画像引用:http://online.folk.co.jp/shop/g/gH242-0-S/)

なんか変わった色の白衣ないかな~と思って探していると、結構いろいろな色の白衣ってあるんですよ。

たとえば、赤とか緑とか水色とかピンクとか。主に病院でドクターの先生が着ていたりします。黒もあったんですが・・・黒ってちょっと目立たなすぎるなぁと。

で、いろいろ検索していても既製品だといいものがなかったので、ついに「白衣のオーダーメイド」をすることに。

早速google先生に教えてもらい、いくつかの店舗を探し出しました。

そして、お世話になることになったのが、株式会社クルトさん。早速、伺う旨の連絡を入れて現地へGO!

エラ
今までに作ったことない白衣の色って何ですか?

クルトさん『・・・えっ!?

そりゃそうなるよね(笑)

色々質問をした結果と、「目立つ色」を考えた結果、オレンジ色になったのです。この間、わずか15分程度。

前代未聞のオレンジ色の白衣が登場した瞬間です(笑)

・・・ちなみに、2着で3万弱しました。当時のワタシにとっては痛い出費だった・・・(T_T)

そして、だいだ衣へ

それ以来、だいだ衣は常にワタシとともにあります。

Skypeしている時も

DSC_0606

部屋で雑誌を読んでいるときも

DSC_0649

なぜかネギを掲げているときも

DSC_0579

プロフィール用の写真を撮ってもらっているときも

薬機法セミナーをするときも

received_925359590906707

だいだ衣を着ることによるメリットとデメリット

最後に、だいだ衣を着るようになってからのメリットとデメリットをまとめてみました。

だいだ衣メリット1.とにかく目立つので相手の記憶と感情に残る

これは特にFacebookで顕著ですね~。初めてお目にかかるような方からも、『あのオレンジの人ですよね?』と言われます(笑)

あとは、交流会なんかに行ってもとにかく目立つので、「オレンジの人」と覚えてもらえるようになりました。

だいだ衣メリット2.気合い(スイッチ)が入る

だいだ衣を着ることでスイッチが入るのもいいところ。

ワタシの場合、スーツでは特にスイッチは入らないのですが、だいだ衣を着るとめちゃくちゃ戦闘モードに入ります。

子供のころは無理でしたが、今なら間違いなくかめはめ波が出せます。

だいだ衣メリット3.相手にハナシが伝わりやすい

写真ではわかりづらいですが、実際のだいだ衣はかなりオレンジ色なんです。セミナーでこれを着ていると、自然と参加者の視線が講師に集まるんですよ。

そのため、(厳密に統計を取ったわけではないけれど)参加者に対してハナシが伝わりやすくなったと感じます。

だいだ衣デメリット1.恥ずかしい(笑)

圧倒的なデメリットは、恥ずかしいこと(笑)

特に町中での自撮りとかもはや罰ゲームクラスです(だけど、もう慣れたけど)。

だいだ衣デメリット2.持ち運びがちょっとめんどくさい

だいだ衣はもともとオーダーメイド白衣なので生地がすごいしっかりしてるんです。なので、ちょっと重い。

持ち運ぶ際は通常のかばんに+1になってしまうので、ちょっと手間です。

まとめ

一言で言うと、とっても気に入ってます!

だいだ衣はこれからも 薬機法セミナー や日常のシゴトのパートナーとして顔晴ってもらいます(^o^)

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。