【備忘録】フレームをかけ忘れると、口論になる

最近、ブログ投稿ですっかり秘書に座を奪われてしまったB&H Promoter’s代表エラです。

いつもは真面目なノウハウ投稿ばかりだったのですが、ここに来て、秘書に対抗することにしました!

目指せ!王座奪還!!!?

さてさて、先日の秘書の記事の中で、
『正確には口論ではなく、なんだか高圧的な雰囲気を感じているところ』
という一文があったのですが・・・

これには”ある想い”があったんですよ・・・。

それは、ある朝のデキゴト@とあるカフェ

このお話は、『もう少し秘書的な業務を移管したいなぁ』とか、『秘書ブログにユーザー目線での単語解説を載せてもらいたいなぁ』と思って相談したところからはじまります。

秘書 サナ
それなら、シゴトの内容、というかサービスをぜんぶ教えて
エラ
ん~、一言でわかりやすく言えば「薬機法コピーライター」かな
エラ
あ、薬機法のセミナー講師もやってるか
エラ
・・・
秘書 サナ
・・・
エラ
何も質問がこないなぁ~・・・
秘書 サナ
・・・
エラ
・・・
秘書 サナ
(メモ帳に書き始める)プロダクトロンチ
エラ
あ、うん、たしかに普通のセールスコピーライターとしてのシゴトもやってるね。ちなみに、「ローンチ」だよ。
秘書 サナ
・・・
エラ
・・・
秘書 サナ
・・・他の人に説明するみたいに、私にも話してくれれば良いんじゃないの?(怒)

私が秘書に求めていたこと

ここで、私は秘書に最初にあることを言っていなかったことに気づく。

それは・・・

『質問で引き出して欲しい』

ということ。

秘書サナは、正直私よりも文章がうまい!

ここは認めざるを得ない。

そして、今後は秘書以上のビジネスパートナーとしてやってもらいたいと密かに願っています。
というのも、彼女、実は(?)超・優秀です。

そのため、彼女に「質問力」をつけてもらいたかったんです。

上記の流れで言えば、もちろん、私がべらべらしゃべることもできました。
だけど、質問で引き出して欲しかったんです。

もちろん、私が最初に言い忘れたのが問題だったのですが、それでもわかって欲しかったんです・・・(。・ω・。)

本当はデキル人がデキないふりをしているのを見ると、イライラしちゃうんです。

・・・あれ?

つい最近、全く同じセリフを自分も言われたような・・・
気をつけます・・・

かなり余談ですが、入眠作業がとても苦手です。。。

かなり余談ですが、私は入眠作業がとても得意で、子供を寝かしつけるよりも先に自分が寝落ちしてます。

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。