厚生労働省 の あはき法 広告規制の検討会に参加/広告ガイドラインの行方

【 厚生労働省の あはき法 広告 規制 の検討会に参加してきました 】

こんにちは!薬機法 専門 薬剤師 コピーライター・コンサルタント の 田中 由那子です。

 

2月14日に、 厚生労働省 が行う【「 あはき法 」 広告規制 の 検討会 】に参加し、厚生労働省や消費者庁の方の見解を聞いてきました!

 

概要については、すでに下の記事でお伝えしている通りですが、

「詳細にもっとついて知りたい!」というリクエストを多くいただいたので、特別に公開することにいたしました!

 

下の動画では、 国家資格 を持つ方と持たない方( 整体師 など)の 広告 で、どんな差があるか・・・ 消費者庁 の方の見解を解説しています!

 

 

 

いかがでしたか・・?

検討会ではそのほか、『 無資格者 は「 マッサージ 」が使えない!?』という議論がありました。

サロン整体院の方、リラクゼーションサロンの方は、ぜひご覧くださいませ

無料!1日3分”観て学ぶ”『薬機法・景品表示法コピーライティング』

大きく売上をUPしたいコピーライター・広告代理店・アフィリエイターが毎日視聴中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。