「 薬機法 を知っている コピーライター は強い」第6回 事例検討会 〜 セールスコピーライター / 石井 裕様

こんにちは

薬機法に強いコピーライターの田中由那子です*ˊᵕˋ*

薬機法コピーライター養成講座【実践コース】対象の事例検討会を開催いたしました。

 

セールスコピーライター である 石井 裕 様より受講後の声をいただきました。

 

「LPで攻められない部分を○○で攻めよう」は、自分も以前考えていたことですが、もうそれが使えなくなっているのがハッキリしました、、、

・責任問題を避けるための契約条件⇒実際に薬機法が絡む案件のときは参考にしていきたいと思います!

・「知りたいのは薬機法のOK/NGではなくその先だ」⇒薬機法を知っているコピーライターはやっぱり強い。仕事の幅がはっきり広がる。

今後は講座の動画を見るだけではなく、魅せる表現について投稿するなど、実践的な学びをしていきます!

===========================================

 

石井さん、コメントいただきありがとうございました。これからも学びを深めて、案件を獲得していきましょう*ˊᵕˋ*!!

 

今回の第6回 事例検討会 も内容満載で終了しました*ˊᵕˋ*  内容についてはこちらからご覧いただけます。

↓↓↓

 

「 薬機法コピーライター養成講座 」についてはこちらで詳しく解説しています。ぜひご覧くださいませ

↓↓↓

いつでもどこでも「6ヶ月間で薬機法を学び切る!」e-ラーニング講座

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。