薬事広告に関わる人に必要な最新の情報が手に入ります!

5f306a75d0757bfac8bafc271dd54e5f

受講後には単価10円を目指せる薬機法コピーライティング勉強会(2018年10月28日開催)の感想をドラッグストア勤務のH.T様からいただきました。

T様はドラッグストアに勤務されているので、化粧品や健康食品の商品の知識を多くお持ちで、なおかつ数多くの広告を目にしてきました。ライターとなるために必要な表現の悩みが一気に解消したといいます*ˊᵕˋ*

 

この講座は「実践的でためになる講座」でした

「タイトルを拝見し、ライターではなかったのですがドラッグストア勤務なので店頭プロモの提案にでも役立つかなと思って参加させていただきました。

結果、法律関係の知識はプロモに必須、 かつ情報収集はこまめにすべきなんだーと再認識させられました。 3年もやってて意識低すぎだったと汗、です(反省)

医薬品健康食品化粧品かつ販売となると、関連法が多岐にわたり、一販売員が頭の中で網羅的に整備する機会は全くないのでともすれば実態がアウトになってしまいそうですが、 講師は薬剤師先生だけにごちゃごちゃしている法関係をポイントを絞ってわかりやすく整備して説明してくださり、さすがだなーでした。

法律は発信元が一箇所でなく、不定期に更新され、一部はロジックも曖昧。。。しかも制定側の解釈やチェックの細かさはアンテナを張り情報収集してみるしかないところもあるそうで。

指導される立場の方々の情報メンテナンスの大変さも窺い知ることになりました。 むしろ販促は法学部出身の方に向いているお仕事かもしれないと思ったくらい。

薬事関連の販売に関わる人にとっては定期的に最新の整備された情報に触れる機会を持つことが積極展開の自信につながるかもしれません。 その情報収集元の一つとしてもこういった勉強会は有意義かなと思いました。

参加してよかったです。ありがとうございました。」

 

 

 

 

5f306a75d0757bfac8bafc271dd54e5f

無料!1日3分”観て学ぶ”『薬機法・景品表示法コピーライティング』

大きく売上をUPしたいコピーライター・広告代理店・アフィリエイターが毎日視聴中!

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。