「仕事のチャンスがどこにあるか、今が行動を起こす時だとわかりました!!」(個別相談の感想)

コピーライターのためのビジネスを圧倒的に飛躍させる個別相談(2019年3月開催)を実施し、参加されたコピーライターでカイロプラクターの湊 幸子様より感想をいただきました。

 

 

仕事のチャンスがどこにあるか、今が行動を起こす時だとわかりました!!

みなと健康院
カイロプラクター
湊 幸子様

Q1. 0~10点で表すとして、このセミナーを「友人や同僚に勧める可能性」はどのぐらいありますか?
9点

※そのスコアをつけた主な理由はなんですか?

ポジショニングと方向性をつけられたのがよかった。仕事のチャンスがどこにあるか、今が行動を起こす時であることも理解できた。コピーライティングができることと、薬機法を少しでも知っていること前提の話だったので、私の知り合いだと理解が難しいかもしれない。

Q2. 個別相談に参加しようと思った“決め手”は何ですか?

「健康」を売り物にするのに法律に抵触せずに宣伝するヒントがあるから。

Q3. 個別相談に参加される前にどのようなことで悩んでいましたか?

整体の単価アップに物販の売上を伸ばしたかったが、思うように売れない。販売元もチラシなどの用意がないため、トーク任せの手売りになっている。

Q4. 本日の個別相談に参加して解決できたこと、(もしくは出来そうなこと)はありますか?

薬機法を勉強することで、治療家専門の集客、物販をバックアップする位置どりができそう。実績づくりもあちこち手を出さずに済みそう。

Q5. 本日の個別相談をどのような人にお勧めしたいですか?

セールスコピーライター、健康系の店舗

 

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。