「内容が良すぎて他の方に勧めたくありません」(個別相談 実施のN様より)

コピーライターのためのビジネスを圧倒的に飛躍させる個別相談(2019年3月開催)を実施。

参加されたコピーライターの中岡様より感想をいただきました。

 

 

内容が良すぎて他の方に勧めたくありません

株式会社ナカオカ
宝飾品販売員・セールスコピーライター
中岡英也様

Q1. 0~10点で表すとして、この個別相談を「友人や同僚に勧める可能性」はどのぐらいありますか?
5点

※そのスコアをつけた主な理由はなんですか?
内容は10点満点でしたが、内容が良すぎて他の方に勧めたくないので-5点にしました。

Q2. 本日の個別相談に参加しようと思った“決め手”は何ですか?

薬機法という圧倒的な武器はあるものの、どのようにして周囲に認知させてきたのかを江良さんから直接聞ける機会であったため。

Q3. 個別相談に参加される前にどのようなことで悩んでいましたか?

薬機法に絡んだ広告で困っている人との出会い方、そして仕事の取り方

Q4. 本日の個別相談に参加して解決できたこと、(もしくは出来そうなこと)はありますか?

新規案件を取る上で参加した方が良い展示会が明確になった。また、FAXDMや宣伝用のチラシなど江良さんが過去に上げてきた成果を伺ったので、自分なりに落とし込んで営業に活かす

Q5. 本日の個別相談をどのような人にお勧めしたいですか?

他人に知って欲しくないのでオススメしたくはないのですが、強いて言えば圧倒的なスキルやポジショニングを持っているけど、営業活動が苦手なライターさん。

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。