薬機法 ( 薬事法 )の添削作業 と ライター

どうも、 薬機法 ( 薬事法 )に強い コピー ライター の 江良公宏 です。

最近、 薬機法 や 景品表示法 ・ 健康増進法 に則っているかの添削をする機会が非常に増えています。

意外と ランディングページ をたくさん取り扱っている会社様でも弱い部分のようで、「こうなんですよ」とお伝えすると『そんなに厳しいんですか!?』という反応を頂くこともしばしばです。

そして、添削していて思うのですが、都道府県によって緩さが本当に違うなぁ~ということです。

ルールの明文化がないものなので、各担当者によって判断が違うのは有名な話ですが、いつもどこに合わせようかなぁと考えながら添削をしています。

ただ、こうやって事例が増えていくと別の事例でも活用できるのでとってもありがたいです(^_-)

とはいえ、添削だけのプランだと ライティング の細かい部分まではチェックできないので、 セールスコピーライター としてはもどかしい部分でもあります。

あ、そうそう。近々、Webサイトをもっとわかりやすくリニューアルしようと思ってます。

いい加減、どんなサービスやっているのか書かないとなと思いまして(^^;)

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。