私があまり外食をしない理由 ー「誰か」のための商品って素晴らしいー

こんにちは*ˊᵕˋ*

薬機法 に強いコピーライターの田中由那子です。

 

私はあまり外食をしません

自分か他の方の手料理を食べるか、
店を選びます

なぜかというと…
『 美味しいものが食べたい 』から

だから
自分が満足できるものを食べたい

「誰か」のために
作られたものは美味しい…*ˊᵕˋ*

最近、ものすごくこれを実感する

それは…
商品・サービスも一緒だ
と気付いたから…。

料理であれ、商品であれ、
「誰か」のために作られたものは
全然違う

食べたり使ったりするとすぐにわかる

 

だから、私は
「誰か」のために作られた
商品を応援したいし
そんな想いを持つクライアントさんを
応援したい…

 

そんな自分に気が付いた

 

「誰か」のために尽力している
クライアントさんが

もっともっと
より多くのお客さんのもとへ
商品をお届けできるようになるために……

 

まだまだできることがたくさんある

 

その一つが
同じようにサポートできる方を
増やしていくこと。

 

私は「B&H Promoter’s」の一員として
美容健康系商品を扱う
クライアントの事業を
企画戦略から支援していきます

 

そして、心同じくする
「 美容健康系広告戦略スペシャリスト」
を育成していきます……!

 

自分一人でできることには
限りがある

 

それも、同士がいれば
何十倍もの事業主の力になれる

そんな同士となる「美容健康系広告の戦略家」と
ともに、多くの商品・サービスの事業主様を支援していきます!

 

2018年もあと4ヶ月。
B&H Promoter’sの代表江良とともに
やり抜いていきます…(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

 

もしも、あなたも「美容健康系広告の戦略家」として活躍していきたい!という方は、こちらのご案内をご覧になってください。

https://yakuji.892copy.jp/892yousei

ともに、美容健康系商品の普及に尽くしていきましょう*ˊᵕˋ*✨✨

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。