3.11、あれから8年

こんにちは、B&H Promoter’s代表 薬機法専門コピーライター・コンサルタントの江良公宏です。

 

3.11、あれから8年。
今でも鮮明に覚えています。

 

当時はまだ会社員をしていて、八丁堀のビルの9階で地震にあいました。

 

当日はびっくりするぐらい揺れると同時に、テレビをつけると映画のように信じがたい光景が広がっていました。

20 km近くを歩いて帰るという未曾有の体験をしたのもこの日です。

 

あれ以来、東北では「復興」が叫ばれていますが、、、

私は真の復興とは、単に寄付などではなく経済を回すことによって得られるものだと考えています。

 

 

ちょうど先日、被害の大きかった地域の会社の薬機法コンサルティングを行う機会がありました。

8年たった今でも、やはり当時のインパクトは大きく、まだまだ復興の途中なんだな、と強く感じざるを得ませんでした。
私が起業家として独立したのは、ちょうど大震災の直後でした。

 

今から考えると、とても小さな起業家でしたが、あの一歩があったからこそ今があります。

とはいえ、まだまだまだまだまだ進化成長の途上です。

 

薬機法コピーライティングという唯一無二の武器を持って、これからも

「良い商品・サービスを必要としているお客様のもとにお届けする。そしてそれを法律を守りながら提供できるようにする。」

というB&H Promoter’sのビジョンのもと、復興の一助もできればと強くツヨク想っております。

 

 

3.11という日からの復興ストーリーを魅せることこそが、ニッポンジンとして取り組まねばならないことかと想っています。

今日も一日、全力でがんばろう。