他にはない「薬機法・景品表示法をカバーしているライティング」を学べました

3eb956df872ade42b01dc0ba840b5e1b

東京都の事例を最速シェア《薬機法・ 景品表示法対応》コピーライティング勉強会(初級編)(2018年10月12日開催)の感想をA.T様からいただきました。

 

 

この講座は「 貴重な薬機法についてのライティング知識が得られる場として、非常に参考になる内容」でした

「ライティングについて学べる講座は他にもあるかと思いますが、薬機法・景表法についての注意点までカバーしてもらえる内容は、他にはない魅力です。 ライターとして、これから腕を上げたい人にとっても、非常に有益な情報が得られるので、オススメ致します!」

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。