「薬事法の説明にとどまらず、ビジネス発展のヒントも多々得られるセミナー」でした

cea1548aec89c776126e2fb8d6cb155b

東京都の事例を最速シェア《薬機法・ 景品表示法対応》コピーライティング勉強会(初級編)(2018年10月11日開催)の感想をサプリメント会社代表のH.I様からいただきました。

I様は現在サプリメント会社の社長様。「大事な商品をしっかり拡販していくには広告が大事!でも法律の壁があってどう売っていいのか頭を抱えている」とのことで、ご参加になりました。

 

この講座は「薬事法の説明にとどまらず、ビジネス発展のヒントも多々得られるセミナー」でした

とても内容の濃いセミナーでした。 参加者からの具体的でかなり突っ込んだ質問に対しても実情と法令の両面から、なぜそういうことが起きているのかといった話や、 昨今の不公平な法令無視の広告がなぜ可能となっているのかの裏側など、話としてもとても興味深いものでした。 また、単なる法律の解説を超えて、「売る」ために何をどうするのかの方法論についても、これまでよく聞いていたレベルの話を超える切り口を知ることができ、今後の販売戦略の可能性も垣間見せていただきました。 とても満足度の高い時間でした。ありがとうございました。」

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。