「化粧品広告に関わる方、必聴です。」/化粧品 たった2時間で”売れる”薬機法の広告表現がわかる 勉強会 を開催 2017/5/14

f96f6c9021fa33786195f634a9551332

こんにちは、薬機法 専門 薬剤師 コピーライター・コンサルタントの田中 由那子です*ˊᵕˋ*

2017年5月14日に「【 化粧品 編】 たった2時間で”売れる” 薬機法 の広告表現がわかる 勉強会 」を開催いたしました!

 

今回ご参加いただいたのは、コピーライターのS様です。コピーライターとして仕事を獲得するのに、強みが欲しいと感じていたようです。

 

コピーライターとして仕事を獲るのに、何か強みが欲しい!

世の中にはコピーライター・ライターと呼ばれる人はたくさんいます。

なので、

「まだ制作実績・経験がない」

「知り合いに経営者などがいない」など

という場合には、「仕事がなかなか取れない」という悩みが生じてくるということでした。

 

今回の内容

《今さら聞けない薬機法の基礎》

1、 化粧品 を取り巻く法律
2、 薬機法 とは
3、化粧品と薬機法の関係
4、 化粧品 は2つに分類できる
5、 薬用化粧品 は 化粧品 と何が違う?
6、 薬用化粧品 で注意すること
7、 化粧品 の 広告 を作成するうえで知っておくべき4つのルール
8、 効能効果範囲表 って何?
9、 薬用化粧品 の 効能効果 はコレ
10、 効能効果範囲表 の注意点
11、 適正広告基準 で注意すべき6つのポイントとは?
12、「 景品表示法 」にも要注意

 

《より実践的なOK/NG表現事例を一挙公開》

1、 肌への 浸透 を 表現 する際の注意と魅せるポイント
2、 美白 を表現する際に注意すべきこと
3、 医薬関係者 からの 推薦 を掲載するときのポイント
4、 ビフォーアフター を魅せる画像に代替する方法
5、 体験談 を活用した魅せ方

 

2時間でたっぷり薬機法を勉強できました

 

この講座は「わかりやすく噛み砕いた講座」でした!

【具体例も混じえた分かりやすい解説】2時間でたっぷり、薬事法を勉強できました。 質問にも随時答えていただき、 疑問点もその場で解決できました化粧品広告に関わる方、必聴です。

コピーライター E.S様

 

まとめ

 

今回ご参加のS様は、コピーライターとして活動されていて、今後より大きく活躍するために、強みが欲しいとお考えでした。

また、コピーライターとして「言いたいことが言えない」というジレンマにもすごく共感されていて、勉強会後にはすごくすっきりとした笑顔をされていたのが印象的です。

これからも薬機法を必要としている方、コピーライターとして大きく報酬を得ていきたい方に向けて、勉強会を開催していきます!!

 

f96f6c9021fa33786195f634a9551332

【コピーライター向け】読むだけで売上アップができる!?

LINEでは4年間独自に築き上げてきた、「法律を守りながら売上を上げる薬機法コピーライティング」のコツのほか、「薬機法(薬事法)」「景品表示法」「健康増進法」「医療広告ガイドライン」など、各種法律にまつわる最新情報などを配信中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

田中 由那子(たなかゆなこ)

薬機法に強い薬剤師コピーライター 東京薬科大学卒業、薬剤師。医薬品大手商社にて、20社以上の広告を制作。その後、薬事管理部門にて250以上の支店から薬事法(現薬機法)等の問合せを年間700本以上受ける。 広告制作の技術を高めるためにコピーライティングを学ぶ。 現在では、上場企業等からの依頼により健康食品や化粧品の広告や記事を執筆している。薬機法とコピーライティングの知識を掛け合わせた『法律の規制を守りながら、一目で商品価値を言語化、視覚化できること』に定評がある。また、メーカー、広告制作会社を対象に、”知識ゼロでもわかる薬機法勉強会”を定期的に開催している。 目標は、健康・美容系商品で薬事に関する広告表現に悩む会社をなくすこと。