3歳児とスケートに行ってみた。

3歳児とスケートに行ってみた。

 

結果、、、

秘書サナの心は↓

(T^T)(T^T)(T^T)

から

(≧▽≦)

へ、変化しました。

 

ことの始まりは前日の土曜日、

なにげなく、そういえばスケート行きたがってたなぁっと思い、近くのスケートリンクの情報を調べてみることに。

すると、なんと2月中旬で終わってしまうとのこと。

2月は割とスケジュールが埋まっており、たまたま今日が空いていた秘書サナ。

けんけんと秘書サナ2人で・・・少々不安はありましたが、、、

 

決めた理由は、

近場にあるので、昼に行っても大丈夫なこと。

スケートは滑れる自信があったこと。

軽い気持ちで連れて行く決意をしました。

その『軽い気持ち』を激しく後悔することになるとは思いもしませんでした(ノД`)

 

まず、何が無理だったかって・・・

体重『18kg』を起こす作業(゚Д゚)

本当に激しく後悔ポイントです(´・ω・`)

 

後、秘書サナの事前練習なしで、けんけんを連れて行くべきではなかったなと(ノД`)

秘書サナは、最初から氷の上で立つことはできましたが、けんけんは壁を持って立つことすら出来ず・・・

それを支えるので精一杯の秘書サナ(;´Д`)

スケートの感覚を思い出す・・・それどころじゃない(>。<)

ここが一番の誤算ポイントですね、、、

『壁を持ってたてるだろう』

って、なんとなく思ってたんですよね。゚(゚´Д`゚)゚。

3歳児にはハードルが高かった(゚Д゚;)

 

続きは次回へ☆

ABOUTこの記事をかいた人

サナ

B&H Promoter's 秘書。 医療事務などのシゴトを経た後、2016年4月より秘書としての活動をスタート。薬機法に関する内容については「ちんぷんかんぷん」。その分、代表の江良に対してユーザーの目線に近い点からのアドバイスを得意としている。電車が大好きな4歳の男の子の母でもある。息子の最近の定番は、寝る時に「パパいらないっ!ママがいいっ!!」ということ。