化粧品 広告 作成時に最初にチェックすべき 薬機法 ( 薬事法 ) 表現 ②

IMG_3836

こんばんは、 薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。

前回に引き続きまして、 化粧品 の 薬機法 表現 について学んでいきます…(*´꒳`*)

前回は導入ということで、法律のことばかりで、少々固い内容ばかりでしたが、徐々に実践的な内容になってきます。

ひとつひとつ身につけていきたいと思います…(*´꒳`*)

化粧品は3つに分類できる

化粧品 は 薬機法 で3つに分類されます。

1、 薬用化粧品 
医薬部外品 として認められている 化粧品

2、 一般化粧品 
それ以外の 化粧品

3、 医薬部外品 

図でご覧いただいた方がわかりやすいかもしれません。
スクリーンショット 2017-04-04 21.49.04

  薬用化粧品と化粧品の違いは?

「 化粧品 」は 肌 の 保湿 などの効果が期待できるものです。「 薬用化粧品 」は、 化粧品 としての効果に加えて、 有効成分 が配合されているものです。ですから、 ニキビ を防いだり、 美白 など、 成分 に応じた効果が期待できる 化粧品 なのです。

薬用化粧品 は、「 医薬部外品 」として 薬機法 の承認を受けています。

ですから、 広告 表現 の注意点としては、

 化粧品 : 薬機法 の「 化粧品 」で定められている規則に従う!
 薬用化粧品 : 薬機法 の「 医薬部外品 」「 化粧品 」で定められている規則に従う!

という違いが出てきます。
似ているように見えて違うのですね…(*´꒳`*)

薬用化粧品 の場合、容器や商品の外箱などに「 薬用化粧品 」と書かれていますので、広告を作成する前にチェックしておりましょう。

 薬用化粧品 と 化粧品 の広告表現の違い

1、 薬用化粧品 は、「薬用効果がある」とアピールできる

例えば…
ニキビ を防ぐ、など

2、 化粧品 としての効果についても、事実であればアピール可能

例えば…
保湿 で肌が潤う、 ハリ がでる、 キメ を整える
(表現可能な効能効果はこちら→化粧品の広告を作成する前に、薬機法で注意しておきたい表現①

スクリーンショット 2017-04-04 22.26.25 スクリーンショット 2017-04-04 22.26.46
引用元:http://www.pref.osaka.lg.jp/yakumu/hyoujikoukoku/hyou1-2.html

薬用化粧品 の方が、アピールできる要素がたくさん出てきます。
この中で、他の商品と差別化できる部分を示していきたいですよね。

まとめ

ニキビ の 薬用化粧品 ならば、 薬用 であるという利点を活かして、

「 ニキビ の原因のひとつは 乾燥 です。だから、潤う成分をたっぷりいれました。お肌を整えながら、薬用成分◯◯の効果で、ニキビを予防します。」

なんて表現もできます…(*´꒳`*)!

「お肌が潤おう、ニキビを予防できる」だけよりもグッと商品の特徴が際立ちます!

化粧品 、 薬用化粧品 は効能・効果の範囲でしか表現できないので、本当に他の商品と差別化しにくいのですね…。だからこそ、その範囲でどう表現を工夫していくのかが大切なんだなーと実感いたしました(*´꒳`*)

薬機法 表現の注意点だけでなく、商品の良さをうまく見せる表現ももっと磨いていきます!!

IMG_3836


LINEで最新情報を【無料】で受け取れます!


LINE-CTA

LINEアプリが入っていればすぐに購読できます!!

「友だち追加」のボタンを押す、もしくはLINEアプリで「@892copy」と検索して友だち追加してくださいね(^o^)

※小冊子は準備中なので、用意でき次第ご案内いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆなこ

薬剤師 セールスライター 田中 由那子(たなか ゆなこ) 前職にて、医薬品の広告を作成したり、薬事管理部門にて200を超える支店から相談を受けていた。現在、薬剤師として活躍する傍ら、セミナー等の集客、売上アップを目的としたランディングページなどを執筆。最近では、「 薬剤師 としての専門知識」「 薬機法 ( 薬事法 )の専門知識」を活かし、美容・健康系の分野でのライティングへと活躍を広げている。夢は、世に知られていない価値ある商品を広めていくこと。