化粧品 の 広告 で、 安全 ・ 安心 をうたってはいけません

db33e563e47fec7abcee9a104117111e_s

こんばんは、 薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。

今回は 化粧品 の 広告 表現 における注意点について見ていきます。

以前お伝えしたとおり、 化粧品 の 広告 で用いられる表現は限られています。使用できる表現についても、細かな規定があるので、今日はその辺りを見ていきます(*´꒳`*)

あまりの細かさに、逃げ出したくなりそ・・・ (´・ω・`)
おおぉっと。

それでは 化粧品 の 広告 表現の注意点を見ていきます。

 

 化粧品 表現 の注意点① 〜 効能効果範囲表 の原則〜

 

★例えば、「補い保つ」は「補う」あるいは「保つ」の効能でも可

範囲表に載っている表現の「言い換え」ならばOK・・・ (*´꒳`*)

 

★「乾燥による小ジワを目立たなくする」という表現は、適切な試験で効果が確認された商品しか表示できない

この表現を使用するときには、確認された試験があるかをチェックする必要がありますね。

また、「小ジワを解消する」「小ジワを予防する」は不可です。表現は効能効果表に従わなくてはいけないですね(*´꒳`*)

 

 化粧品 表現 の注意点② 〜適正広告基準の注意点〜

 

★製造方法のほめ過ぎは禁止

例えば、「最高の技術」「最も進歩した製造方法」「理想的な製造方法」「家伝の秘法により作られた…」などの最大級の表現、もしくはそれに類する表現はNG

研究や製造については、誇張せずに事実を正確に表現するよう求められています。

 

★効能・安全性を保証する表現は禁止

例えば、「安心・安全です」「自信を持っておすすめします」などは禁止
「これさえあれば」「安全性は確認済み」「赤ちゃんにも安心」などの効能・安全性を暗示させるような表現もNG

つまり、安全であると提示して、それが保証されていることを示すことがNGなのです。それが直接的な表現ではなく、暗に提示した表現もNGになるので注意ですね。

 

まとめ

 

効能についてその表現を用いる時には、原則的に効能表のまま用いる必要がありますね。。。 (・・;)

参考資料にある 適正広告ガイドライン を見ると、まだまだ NG表現 がたくさんあります。。。!!!少しずつまとめていこうかしら。いつかNG表現を集めたいです・・(*´꒳`*)!!

 

参考:日本化粧品工業連合会「化粧品等の適正広告ガイドライン2012年版」

db33e563e47fec7abcee9a104117111e_s


LINEで最新情報を【無料】で受け取れます!


LINE-CTA

LINEアプリが入っていればすぐに購読できます!!

「友だち追加」のボタンを押す、もしくはLINEアプリで「@892copy」と検索して友だち追加してくださいね(^o^)

※小冊子は準備中なので、用意でき次第ご案内いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆなこ

薬剤師 セールスライター 田中 由那子(たなか ゆなこ) 前職にて、医薬品の広告を作成したり、薬事管理部門にて200を超える支店から相談を受けていた。現在、薬剤師として活躍する傍ら、セミナー等の集客、売上アップを目的としたランディングページなどを執筆。最近では、「 薬剤師 としての専門知識」「 薬機法 ( 薬事法 )の専門知識」を活かし、美容・健康系の分野でのライティングへと活躍を広げている。夢は、世に知られていない価値ある商品を広めていくこと。