3歳児も興奮『松本城』(長野県その3)

p_20161105_162323_1

長野県シリーズ、いよいよ『その3』ヽ(^0^)ノ

順調に更新しております( ´艸`)

おかげさまで風邪はましになりましたm(_ _)m

 

さて、タイトルの3歳児も興奮『松本城』ですが、、、

秘書サナも予想外だったのですが、けんけん大興奮でした(笑)。

ただ、3歳で行くのはオススメしません(ノД`) 

正確には身長が105cm以上が良いかと。

後は運動神経抜群or片手でかるがる抱っこ出来る人がいるといいかもしれません。

詳細は内容的に後半あたりに・・・

では、松本駅に着いた所からいってみよー!!←そこから?(゚Д゚)

 

ワイドビューしなのに乗って『松本駅』に到着。

ホテルを『松本駅』に取っていたので、まずは荷物を置きにホテルへ。

ホテルから『松本城』へは徒歩5分くらい。

時刻は16時・・・しまってまうやないか(゚Д゚;)

 

はい、そんなこんなで急いで『松本城』へ。

・・・いそいで?

p_20161105_161227_1

はい、さっそく寄り道(ノД`)

16時半には受付が終了してしまいますよ( ̄∇ ̄)

p_20161105_161233_1

『井戸』がいたるところにあります。

湧き水巡りができるそうです(^-^)

いろんなことに興味津々の幼児がいる場合、出来れば靴の予備があると安心です(^。^;)

 

いよいよ松本城!!

p_20161105_161509_1

・・・あれ?・・・コイ?(゚Д゚)

はい、けんけんの足が当然のように止まります。

p_20161105_161517_1

けんけん、コイ、好きです。

もう目の前なんですけどぉ~(^◇^;)

 

ってな訳で、やっとこさ到着!!

p_20161105_161624_1

って、ここから更に中に入っていかないと(汗)。

受付で16時半には門がしまってしまうので、中に入ったらすぐお城の中に入って下さいとのこと。

写真だけはパシャリ。

p_20161105_162323_1

靴を脱いで、いよいよお城の中へ!! 

靴は渡されたビニールに入れて持ち歩きです。

中はたくさん鉄砲がありました。

p_20161105_163329_1

終わりかけに入ったからか、途中からものすごく混んでいてゆっくり進みました(^_^;)

p_20161105_163235_1

なぜ、けんけんが大興奮だったのか。

そう!!

答えはコレ↓ 階段

p_20161105_164749_1

ちょっと最初はびびっていたんですが(急に抱っこと言われ最初の難関の時にえらいことに(T_T))。

自分でちゃんと上がれることがわかったら、 『たのしいねぇ~(≧▽≦)』

秘書サナはドキドキ(;¬_¬)

もし途中でまた抱っこと言われても抱っこして登るなんて無理(>o<)

秘書サナは自分が上るのでいっぱいいっぱい。

下りの時、係りの人からサポートしてあげて下さい~っと言われたのですが、本当に無理(゚Д゚;)

ちゃんと上り下りの順番は、秘書サナが下にいるようにはしていたんですがね。。。

これが、3歳児にはオススメしない理由です(≧◇≦)

けんけんが階段を下りる時、ギリギリ足がとどいていました。

なので、105cmくらいあればギリギリ自分で上り下り出来ると思います。

いっぱいいっぱいで写真を撮り忘れてしまって伝わりにくいのですが(^_^;)

あ、大人がいっぱいいっぱいじゃなければ、何歳でも大丈夫ですよ(^。^;)

秘書サナは代表トモヒロがいる日に組み込まなかったことを後悔したのでした(´・ω・`)

同じ理由でアスレチックとかも秘書サナだけでは連れて行ってあげられません(ノД`)

ということで、アスレチックに余裕で連れて行ってあげられる人は大丈夫です(笑)。

 

 

夜の松本城、とってもキレイでした。

p_20161105_171817_1

ここは無料で入れるところです。

『松本城』とお別れして。

 

あっ、また(゚Д゚;)

p_20161105_172929_1

寒いのに冷たいお水に濡れに行くけんけん・・・。

 

この後、代表トモヒロと合流しました。

次は『南松本駅』ですヽ(^o^)丿

お楽しみに~(≧▽≦)

p_20161105_162323_1


LINEで最新情報を【無料】で受け取れます!


LINE-CTA

LINEアプリが入っていればすぐに購読できます!!

「友だち追加」のボタンを押す、もしくはLINEアプリで「@892copy」と検索して友だち追加してくださいね(^o^)

※小冊子は準備中なので、用意でき次第ご案内いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

サナ

B&H Promoter's 秘書。 医療事務などのシゴトを経た後、2016年4月より秘書としての活動をスタート。薬機法に関する内容については「ちんぷんかんぷん」。その分、代表の江良に対してユーザーの目線に近い点からのアドバイスを得意としている。電車が大好きな4歳の男の子の母でもある。息子の最近の定番は、寝る時に「パパいらないっ!ママがいいっ!!」ということ。