化粧品 広告 における 肌への浸透表現 の限界【LINE@-薬事006】

化粧品広告における肌への浸透表現の限界

(2016/7/4配信分)

なんだか暑い日が続きますね~(>_<)

ワタシは暑さと冷房がどちらも苦手で”ちょうどいいところ”を探すのにいつも苦労します。

さてさて、今日は月曜日なので薬機法に関する内容ですね。

今日は、基本中の基本、『 化粧品 の 浸透表現 の限界』についてお伝えします!

肌の奥の奥までグイグイ入り込んでしっとり保湿して欲しい!というのは誰もが思うことです。ですが、このどこまで浸透するのか?ということに関しては厳しくルールが決まっています!

浸透表現に関しては基本なので、どこの薬務課でも表現できる範囲を超えると、こんな顔で怒ってきます(笑)

化粧品の肌への浸透表現の限界は「角質層まで」

肌への浸透表現については『化粧品等の適正広告ガイドライン』で決まっていて、「角質層まで」となっています。

基本的にはどの化粧品も『ぐんぐん肌に浸透(※角質層まで)』のような表現しかできません。そこで、こういったケースでは図をうまく使うのがコツです。

34500563

角質層は肌の本当に表面の部分なのですが、このままでは『ぐんぐん浸透する』と言われても「たいしたことないじゃん!」って思っちゃいますよね。

そこで、肌の表面を拡大して、”あたかもすごく浸透するかのようにみせる”のがコツです。そうすることで、広告を見た方の印象はグッと変わります。

写真の使い方で反応が1%も変わることも

女性向けの商品の場合、図や写真の使い方を工夫するだけで反応率が1%変わることも・・・

反応率が1%変わるって・・・数字的には小さいかもしれませんが、売上としてはかなりの額が変わってきます。

と、ハナシがそれましたが、こんなことWebではあまり書けないので。。。
※書いちゃいました(笑)

今日は浸透表現でしたが、「こんな内容を取り上げて欲しい!」と言うことがあれば、お気軽にメッセージどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。