今さら聞けない、景品表示法 の基本【LINE@-薬事008】

今さら聞けない景品表示法の基本

(2016/7/25配信分)

今日は月曜日!先週が祝日だったので2週間ぶりの配信ですね。

実は昨日、大阪にて治療院の方向けに 薬機法 (医療機器)・ 景品表示法 のセミナーを行っていました。

治療院も少し売れっ子になってくるとお役所から「ここ注意してくださいね」といった電話がちょいちょいあるらしいです。

そりゃそうですよね、指導にいたる最たるきっかけは『同業者の告発』だからです。

今年は 景品表示法 の 課徴金制 度が始まったり、 健康増進法 の改定があったりと何かと変革の年です。

今後は薬機法以上にこの2つの法律を気にしていく必要があるとさえ思っています。

そこで、今日は手始めとして、景品表示法の基礎についてお伝えします!

景品表示法 は『不当な表示』を禁止している

景品表示法 は、

1.不当な表示の禁止
2.景品(特典)をたくさんつけすぎることを禁止

した法律になります。

特に広告で関わってくるのは1の「不当な表示」の部分です。

不当な表示には、

1.優良誤認(品質・規格について実際のものより良くみせること)
2.有利誤認(価格に関して実際よりお買い得とおもわせること)
3.その他指定されたもの(おとり広告など)

の3種類があります。

基本的には消費者庁が管轄になりますが、各都道府県でも指導や措置命令を行うことが可能です。

そして今年の4月からは『 課徴金制度 』という罰金制度も始まりました。

それもあってか、ここ最近は特に指導が活発になっている傾向があります。

薬機法 も大切だが、 景品表示法 も気をつける必要がある

薬機法 や 健康増進法 ももちろん大切ですが、これからは今まで以上に 景品表示法 の取り締まりが厳しくなっていくと思われます。

実際、消費者庁は取り締まりに関するレポートを出しているのですが、去年あたりから件数がグンと伸びてきています。

薬事関係者の間では、今後は 薬機法 より 健康増進法 ・ 景品表示法 とまで言われているほどです。

そこで、今後何回かに渡って 景品表示法 について実際の事例を交えながらお伝えしていきます。

その後は 健康増進法 の改正点もお伝えしていきます。

景品表示法 に関して何か質問があればどんどん取り上げていくので、お気軽にメッセージしてくださいね(^o^)

今さら聞けない景品表示法の基本


LINEで最新情報を【無料】で受け取れます!


LINE-CTA

LINEアプリが入っていればすぐに購読できます!!

「友だち追加」のボタンを押す、もしくはLINEアプリで「@892copy」と検索して友だち追加してくださいね(^o^)

※小冊子は準備中なので、用意でき次第ご案内いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

江良 公宏

B&H Promoter's代表、 『ファーマコピートラスティー』 江良公宏(えら ともひろ)。 薬事法広告のセミナー講師、オークション事業、化粧品のOEM企画製造販売を経て、2015年よりコピーライターの仕事をスタート。 セミナー集客などの通常のチラシ・ランディングページ制作はもとより、「薬剤師の知識」と「コピーライティング」の知識、「薬事法(薬機法)の知識」の3つを掛け合わせた『ファーマコピートラスティー/薬事に強いコピーライター』の肩書きで薬事法ライティングを中心にさらなる活躍の場を広げている。