化粧品広告 の” 体験談 ”をより『 売れる 』表現に!

IMG_9190

こんにちは、 薬機法(薬事法)を守りながら 売上 をアップさせるコピーライター & マーケティング コンサルタント 田中 由那子 です。

とうとう、 化粧品 広告 にまつわる 薬機法 表現 の勉強もラストになりました・・ (*´꒳`*)

おかげさまで、 化粧品 の 広告作成 について、ひととおり学ぶことができました。

最後となる今回は、 体験談 の活用例を学んでいきます。

 

体験談 の活用例

 

基本的に 体験談 で表現できるのは「 使用感 」に限られます。

そう、 効果 について触れることができないのです・・・

 

ですが、少しでも効果について触れたいですよね。

そんな時にどうすれば良いかと言いますと

 

✖️ △△を使ってハリが出た!

→⭕️ 「 ハリ が出た」と人に言われます

 

✖️  しみ や くすみ がなくなって・・・

→⭕️ 実年齢よりも10歳若く見られました

 

効果まで入れるけど、使用感っぽい感じにするのがポイントです (*´꒳`*)

ただ、最近指導例が増えてきているのが現状です

 

まとめ

 

お客様にとって、 化粧品 を使ってどうなるのかというのは最大の関心ごと。そのため、体験談の表現は購買に大きく影響してきます。

ですから、体験談の部分で少しでも多く商品の良さを表現できるかがポイントになります。

どうしたら体験談で魅力を引き出せるのか・・・、よくよく絞り出してみてください。

 

それでは、化粧品の薬機法表現についてはおしまいです。

次回からは、『 健康食品 』の広告表現について学んでいきます。お楽しみに・・ (*´꒳`*)

 

 

IMG_9190


LINEで最新情報を【無料】で受け取れます!


LINE-CTA

LINEアプリが入っていればすぐに購読できます!!

「友だち追加」のボタンを押す、もしくはLINEアプリで「@892copy」と検索して友だち追加してくださいね(^o^)

※小冊子は準備中なので、用意でき次第ご案内いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆなこ

薬剤師 セールスライター 田中 由那子(たなか ゆなこ) 前職にて、医薬品の広告を作成したり、薬事管理部門にて200を超える支店から相談を受けていた。現在、薬剤師として活躍する傍ら、セミナー等の集客、売上アップを目的としたランディングページなどを執筆。最近では、「 薬剤師 としての専門知識」「 薬機法 ( 薬事法 )の専門知識」を活かし、美容・健康系の分野でのライティングへと活躍を広げている。夢は、世に知られていない価値ある商品を広めていくこと。